キャッシング即日!カードローン案内所 カードローン 【利用前に】カードローンの返済が遅れた時の対処法【ご一読】

【利用前に】カードローンの返済が遅れた時の対処法【ご一読】

カードローンを利用する際に気をつけないといけないのが、月々の返済をしっかり行うという事です。

なので、初めにカードローンを利用する前に自分の毎月の収入と支払いをきちんと見直し、月々○○○円の支払いなら可能だから、×××円をカードローンで借りよう。

このような計画を行い、実際に毎月返済をこなしていく事で安心安全にカードローンを利用が出来ます。

しかし、自分の会社の業績が悪化して収入が激減した、急に他で必要な出費がでた、等の不測の事態が発生して、カードローンの返済が行えない…

このような場合どのような対処を行えばいいのでしょうか?

今回の記事では、カードローンの返済が遅れ延滞し続けていくと、どのような事態が起きるのか、それを避けるための対処法について解説したいと思います。

カードローンを利用する上で一番最悪な事は、毎月の返済が払えなくなった時です。

この記事を読んで、このような最悪な事態が起きない為にも、また起きた場合の対処法を事前に把握しましょう。

これからカードローンの利用を考えている方にぜひオススメの記事となっています。

返済が遅れたらどうなるの?

まず、カードローンでは利用する際に必ず借用額や金利の他に返済日が決められています。

そして、

●毎月期日に、利用者自身の銀行口座から支払額が自動で引き落とされる。

●毎月期日までに、指定されたカードローン会社の銀行口座に支払額を振り込む。

カードローン会社によって返済方法は異なりますが、大まかに言うと上記2つのパターンに分かれます。

延滞というのは、そういった決められた期日までに上記の行為が行われないことを指します。

そのような場合、期日を過ぎておよそ2週間以内までには、カードローン会社から利用者宛に書面や電話での連絡が入ります。

ここで重要なのは、カードローン会社から書面や電話での連絡があった場合、必ず対応することです。

決して放置してはいけません。

遅れた時の影響は?

次に返済が遅れた場合、どのような影響が起こるのか説明したいと思います。

まず、カードローンの利用が停止されます。

これはクレジットカードでも同じですが、返済が遅れた場合、信用枠がたとえ余っていたとしても利用が停止されます。

遅れた分の返済を行い、カードローン会社が確認を行うまでは、利用が再開することは決してありません。

次に、利用者の信用情報に傷がつきます。

カードローンに限らず、クレジットカードや銀行のローン等を利用した場合、その情報が信用情報機関に登録されます。

そして、期日までに返済が行われた場合加点、延滞が発生したら減点、などの情報の更新が行われます。

もちろん、延滞期間が長引けば長引くほど減点も大きくなります。

金融機関であればこの情報を閲覧する事が出来るので、新たに他の金融機関でローン契約を結ぶ際に必ず見られます。

過去にカードローンの延滞を何度か繰り返した為、カーローンや住宅ローンの審査に落ちたor良い条件でローン契約を結べなかった。。。

なんて事も起きるんです。

ですので、信用情報というのはとっても重要なので、大事にする必要があります。

最後に、支払う際に遅延損害金が発生します。

先ほど、延滞しても支払うとカードローンの利用が再開する事が出来ると言いましたが、元々の返済額に加えて遅れた日数分の遅延損害金を支払う必要があります。

多くのカードローンでは、この遅延損害金は年率20%であり、普段利用している金利よりも高い設定となっています。

対処法について

先ほど説明した際に、カードローンの延滞をしてしまうと、自身の信用情報に傷がつくことに加えて、一時的にカードローンの利用が出来ないなどの悪影響が起きます。

何度も言いますが、基本的にローン会社は、ローンの申込み者の信用情報に応じて利用の許可、限度額、金利等の条件を提示を行います。

一般的にカードローンの月々の返済額というのは、数万円です。

なので、この数万円を支払うのを面倒くさがったり、使ってしまって準備できなくて将来ローンが組めなかったり、良い金利で利用出来ずに数百万円の損をするのは嫌ですよね?

なので、この延滞を避けるための具体的な対処法について提案したいと思います。

(1)毎月の出費の見直し

まずは、毎月自分が一体何にお金を払っているのか、つまり支払いを書き出して確認しましょう。

支払いの項目には、家賃や光熱費等に代表される固定費が存在します。

この固定費は、毎月確実に使うお金(=支払う必要のあるお金)を意味しますので、支払いの中から固定費を除いた項目、つまり変動費を確認しましょう。

ついついコンビニで買い物したり、アマゾンやネットショッピングで衝動買いをしていませんか?

確かに週末に自分の趣味をしたり、外食をして仕事のストレスや疲れを癒す事は大事ですが、変動費の項目を減らす事が出来ない限り、カードローンの返済を終わらす事は不可能です。

このような変動費(=無駄な出費)を減らす事で、確実にカードローンの支払えるようにしましょう。

(2)契約内容の把握

延滞しがちな人の特徴として、自身のカードローンの契約内容を把握していないというパターンは多いです。

金利や支払日などの基本的な情報を把握するだけでなく、

●来月の返済額はいくらで、支払うとローン残高はいくらあるのか?

●返済額の変更を行いたい場合は、いつまでにどこに連絡すると変更が可能なのか?

細かいローン契約状況を把握する事で、延滞を避ける事が出来ると思います。

今一度自分のカードローンの契約書を読み直しを行い、確認しましょう。

(3)カードローン会社へ連絡

(1)と(2)で対処法を紹介しましたが、それでも返済が遅れそうな場合は、必ず利用しているカードローン会社へ連絡を入れましょう。

そして返済が遅れる事と、もし返済額を満額支払えなくても、いくらぐらいなら返せるのかといった情報を、正直に話しましょう。

また、返済日の先延ばしの交渉を行いましょう。

この際に、具体的にいつなら必ず返済が出来ると言った日にちを言えるようにしましょう。

今月は1円も返済が出来ないし、正直に連絡するのはやり辛いからいいや…

このような無断で滞納をしてしまった場合、カードローンの強制解約となる可能性があります。

勿論ですが、このような理由での強制解約は自らの信用情報を大きく損ない、また今後の返済を行う場合に、非常に不利な選択を迫られます。

返済が出来ないと分かった場合は、現実から目を逸らさずに、すぐにカードローン会社に連絡をし、行動を起こしましょう。

現実から逃げても、結局損をするのは自分自身なんです。

最後に

不測な事態が起きてしまいカードローンの返済が行えない場合、必ず連絡する事が大事です。

返済が出来ないという現実から逃げずに、必ず利用先のカードローン会社と返済に関する交渉を行いましょう。

また、このような事態が起きないように、普段から自分のカードローンの契約にまつわる条件の把握、自らの支出の把握を行い、出来るだけ出費の中で変動費の項目を減らすように努めましょう。

カードローンを利用する期間だけは、ちょっとした趣味や贅沢を我慢する事も、もしかしたら必要かもしれません。

でも安心安全にカードローンを利用する為にも、期限付きでの我慢を行えるようにしましょう。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

【これで安心】知っておきたいローンの基本情報【2つのポイント】

将来マイホームを考えている、車の購入をお考えているという人の中には、ローンを組むことを検討しようと

【メリット】簡単解説!残価設定カーローンと通常カーローンの違いとは?【デメリット】

車の購入を検討する際にまず考えるのが、ローンでの購入。 車は高額商品なので、一括での支払いが

【賢くお得に】カードローンの利息計算術【可能な返済】

急にまとまったお金が必要な時、どうしょうかと不安に感じることはありませんか? そんな時に便利

【利息計算】カードローン一括返済プランのご提案【シミュレーション】

カードローンを利用している人が、絶対に知らないといけない事は、【一括返済】についての知識です。