キャッシング即日!カードローン案内所 アコム アコムカードローンがわかる6つのポイント

<女性専用の相談窓口も!>アコムカードローンがわかる6つのポイント

フリーランスで働いている方や、個人事業主の方など、毎月の収入にバラつきがある場合、生活費が苦しくなる時があるかもしれません。そんな時に少しお金を借りれるカードローンの利用を検討してみるのは如何でしょうか?アコムを例にして、消費者金融のカードローンについてご紹介していきます。消費者金融に怖いイメージを持っている方や、お金を借りることが不安な方に見て頂けたらと思います。

アコムってどんな会社?

TVCMでよく耳にするアコムですが、どのよう会社なのでしょうか?
まずは会社概要をチェックしたいと思います。

アコム株式会社

アコムは東証一部に上場おり、従業員数は2000人弱、2017年3月期の売上高は183,997百万円の規模の会社になります。営業店舗は有人店舗と無人店舗を合わせて全国に1000箇所以上あるそうです。また、ホームぺージの会社案内パンフレットを見ると、2017年3月期のローン事業の残有効口座数は1,441千件、クレジットカードの残有効会員数は314千件の顧客を保有しているようです。アコムは2008年12月に三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の連結子会社になりました。三菱UFJフィナンシャルグループには銀行業の三菱UFJ銀行、クレジットカード業の三菱UFJニコスなどがあり、その中でアコムは消費者金融業を行う会社となります。

アコムのカードローンの種類

アコムのローンにはどんな種類があるのか調べたところ、下記4つのローンが用意されているようです。
それぞれを簡単にご説明していきます。
・カードローン
・クレジットカード
・ビジネスサポートカードローン
・借り換え専用ローン

カードローン専用のアコムカード

まず基本となるのが、キャッシング専用のローンカード「アコムカード」です。

キャッシングの利用限度額は1万円から800万円で、使用用途は自由です。実質年率3%~18%になります。
24時間インターネットから申込ができ、来店不要で契約できます。最短即日のカード発行もできるようです。
その他、下記のサービスも提供していました。

●30日間金利0円
アコムの金利は3%~18%ですが、アコムは初めて使う方は、契約から30日間は金利0%で借入することができます。
お給料日3日前に借りて、お給料日後すぐに返済すれば利息0円で借入できることになります。

●カードローンには女性専用窓口がある
アコムのカードローンの女性利用実績はは250人万人を超えているそうですが、女性専用の相談窓口がありました。
女性専用ダイヤル(0120-39-9197)に電話をすると、女性スタッフが質問に答えてくれるそうです。初めてのカードローンだと不安が多いですが、相談相手が女性だと話しやすいので便利なサービスですね!

クレジット機能付きのACマスターカード

前述したアコムカードはキャッシングのみのカードですが、キャッシング+ショッピング機能もついたクレジットカード「ACマスターカード」も用意されています。
カードローンでのキャッシングと、クレジットでのショッピングの両方をこの1枚ですことができます。
クレジットの利用限度額は最高300万円までで、実質年率は10.0%~14.6%で、年会費は無料になります。

ビジネスサポートカードローン

個人事業主向けのカードローンがビジネスサポートカードローンになります。最高限度額は300万円です。通常のカードローンは総量規制で年収の3分の1を超える借入はできませんが、このビジネスサポートカードローンの場合は3分の1を超える借入もでできるようです(要審査)。申込当日からの利用も可能ということで、ビジネス上急な資金が必要になった場合にも使うことができそうです。まずは審査がありますので、利用を考える場合は電話(0120-07-1000)に問い合わせをしてみてください。

借り換え専用ローン

アコムでは賃金業法に基づく借換え専用ローンもありました。いわゆる「おまとめローン」にあたるかと思います。
複数の会社からお金を借りていて、毎月の返済が負担になっている場合、複数社のローンをアコムのローンに1本化することで、月々の返済額減をすることができます。
限度額は1万円~300万円、実質年率は7.7%~18.0%です。申込を検討される方は、まずは電話(0120-07-1000)に問い合わせをしてみてください。

アコムの申込と審査について

カードローンを契約したい場合、一般的に申込→審査→契約の流れで進んでいきます。そこで、アコムの商品について理解できたので、次はアコムの申込~審査~契約についてみていきたいと思います。

申込できる人の条件

アコムのローンに申込ができる方の条件は下記になります。
・年齢は20歳以上
・安定した収入があり。返済することができる人
・アコムの基準を満たす人
・店舗や連帯保証人は不要

アコムのホームページ内Q&Aコーナーを確認すると、主婦・学生・パート・アルバイト・派遣社員でも上記3つの条件を満たしていれば契約ができるようです。
尚、年金生活者の場合は、年金受給以外の安定した収入が必要との回答でした。

申込に必要な書類

本人確認書類として、運転免許証が必要です。運転免許証が無い場合は、個人番号カードや健康保険証を提出して下さい。
尚、アコムで50万円以上の借入を行う場合や、他社も含めた借入額が100万円を超える場合は、収入証明書(源泉徴収票もしくは給与明細など)も提出する必要があります。

申込方法

アコムは申込方法別に特長がありますのでご確認下さい。

・スマートフォン、携帯電話、パソコンなどのインターネット申込
24時間365日申込が可能です。書類もアプリやアップロードで提出でき、来店不要で契約まで完了できます。
即日振込の借入も可能です。
ローンカード受け取りは店頭窓口・むじんくん・自宅への郵送から選べます。

・店頭窓口、むじんくん(自動契約機)
最短30分でカード発行/借入ができます。必要書類(本人確認書類・収入証明書)を忘れずに持参してください。
また事前にインターネットで申込した上で来店すると、店頭での契約にかかる時間を短縮することができます。
店舗の営業時間は平日9:30~18:00で、土日祝日は休みです。むじんくんは8:00~22:00で年末年始以外は営業しています。

・電話
電話でも24時間365日申込が可能ですが、18時以降の電話申込への回答は翌日になります。
契約は来店・郵送・FAXのいずれかから選べます。来店とFAX(平日14時までに書類提出)であれば、即日の借入が可能です。
電話番号は0120-07-1000です。

・郵送
郵送での申込を希望される場合は、まず0120-07-1000に電話をして申込書類を取り寄せて下さい。
その後、記入済み申込書類と本人確認書類等を返送します。審査が通過すれば、郵送で契約書類とカードが届きます。

急いでいる場合は、インターネットもしくは電話で申込後に、店頭もしくはむじんくんに行くのが良さそうですね!

審査はどういうもの?

お金を貸す側としては、借りた側の返済能力の有無が大切です。また総量規制以上のローンはできませんのでそのチェックも必要です。
なので、審査内容は公開されていませんが、恐らく下記の項目などに基づき融資可能かの審査が行われていると思われます。

・申込時に記入した内容
持ち家/借家、実家/1人暮らし、扶養家族の有無、勤務先(在籍確認有り)/勤続年数/年収、他社契約数/借入額

・信用情報機関の情報
申込者の金融会社からの借入に関する内容(借入日・借入金額・返済遅延などの事故情報など)

既に総量規制の上限にあたる年収3分の1の借入がある方や、他社のローン返済延滞や滞納がある方、債務整理や自己破産をしたことがある方などは、審査に通らない可能性があるでしょう。
尚、在籍確認ですが、アコムの場合は基本的に確認の自宅や勤務先に在籍確認の電話があるようです。ただし、アコムの名前ではなく担当者の個人名で電話をするため、アコムへの申込が同僚にわかる恐れはないでしょう。もし在籍確認について心配な方は、申込前に事前に電話で問い合わせ(0120–7-1000)するとよいかと思います

アコムの限度額を増額したい場合は?

カードローンの上限額を増額する必要がでてきた場合、アコムへ増額を申請することができます。
増額申請の方法についてみていきましょう。

現時点の利用可能額

上限の増額申請する前に、まずは現時点の利用可能額をチェックしておきましょう。
残りの利用可能額だけではやはり足りないという場合に増額申請をするとよいかと思います。
利用可能額は、アコムのATM、提携ATM(クレジットの利用可能額は確認不可)、電話、店頭窓口、音声自動応答サービス(アコムプッシュホンサービス24:0120-134-567/24時間年中無休)で確認できます。

増額の申請方法

利用限度額の上限を増額したい場合、まずは、アコム総合カードローンデスクに電話して担当者に相談してください。番号は0120-629-215です。受付時間は9:00~18:00になります。
また増額申請の時も、もちろん審査があります。総量規制を超える借入額になる場合はNGになると思われます。また、契約時に一度上限は決まっていますので、契約後すぐに増額申請しても通らない可能性があるでしょう。またアコムでの借入/返済実績も確認すると思われますので、それまでのアコムでの返済に延滞があった場合も増額申請が通らないかもしれません。アコムの利用において、アコムとの間に信用実績(ある程度の期間の借入があり、遅延なく返済を継続しているなど)を作ってから増額申請をするとよいかと思われます。

eメールサービス
アコムにはeメールサービスがります。メールアドレスを登録しておくと、返済期日前にお知らせメールが届いたり、カードの更新案内、キャンペーンの情報が届きます。このeメールサービスで、増額が可能な人には増額のお知らせが届くこともあるそうです。将来的に増額を考えている方は、登録しておくとよいかもしれません。

アコムの返済について

お金は借りたら返さないといけません、そこで次は返済について詳しくみていきたいと思います。

利息の計算方法
カードローンでお金を借りた場合、利息を付けて返済しなければなりません。
利息は【借入金額×金利÷365日×借入期間】で計算することができます。
アコムの金利は3.0%~18.0%です。各自の金利は契約時に決定します。
仮に、10万円を金利18%で30日間借りた場合の利息は、10万円×18%÷365日×30=14,79円になります。

選べる返済日
アコムでは返済日を3つの方法から選ぶことができます。
・35日ごと払い:返済日の翌日から35日後が次回の返済期限になります。
・毎月払い:自分で決めた毎月指定日が、毎月の返済期限になります。
・口座振替:毎月6日が返済期限になり、毎月6日に自動引き落としされます。

35日ごと返済は、返済した翌日から数えて35日目までに返済をする必要があります。
例えば前回返済日から20日目に返済した場合、その翌日から35日以内に次の返済が必要です。
返済の期限日は毎回変わりますので、忘れないように注意してくださいね。

毎月払いは自分で毎月の支払日を指定しすることができます。例えば毎月10日、毎月25日などです。
給料日等に合わせて返済日を指定するとよいかと思います。

どちらの返済方法を選んだ場合も、阿古もうATM、提携ATM(セブン銀行ATMやローソンATMなど)、インターネット返済、店頭窓口で返済することができます。

返済額について
アコムでは定率リボルビング方式を採用しています。借入金額に一定の割合をかけた金額を支払う方法です。
アコムの貸付条件によれば毎月の返済額は下記の計算によって算出されます。千円未満がある場合は切り上げで千円単位になります。

限度額30万円以下の場合:借入金額の4.2%以上
限度額30万円超の場合:借入金額の3.0%以上
契約極度額100万円超の場合:1.5%以上~3%以上

例えば20万円の借入金額で4.2%の場合、20万円×4.2%=8,400円。返済額は9000円以上になります。
とはいえ、毎回この計算をするのは大変ですよね。アコムのホームページから会員サービスにログインして頂くと、ご自分の返済額が確認できますので、利用してみるとよいかと思います。

また、アコムのホームぺージでは返済のシミュレーションをすることもできます。
事前に毎月の返済にいくら必要なのかを確認した上で借入することをお勧め致します。

もし返済が遅れた場合は?
返済が遅れた場合は、遅延損害金を支払わないといけなくなります。遅延損額金の利率は20%です。
また、アコムの担当者から連絡が来る場合もあります。遅延すると、延滞損害金を払わないといけなかったり、信用情報に傷がつくかもしれなかったり良いことはありません。支払いをうっかり忘れないようにe-メールサービスの利用をおすすめします。またどうしても返済金が足りなかったり、返済が遅れてしまいそうな場合は、事前に窓口が電話(0120-629-215)で相談してみて下さい。

早く完済するために
カードローンは、借入金額が多ければ多いほど、借入期間が長ければ長いほど支払利息総額は大きくなります。
なので、できるだけ早く完済した方が利息は少なくてすむことになります。

例えば、10万円を年率18%で借りた場合の利息額をシミュレーションしてみると下記のような結果になります。
10か月で返済した方が、30か月で返済するより支払う利息総額が少なくなるのがわかります。

<30日毎の10回払いの場合>
毎月の返済額:10,843円
返済総額:108,429円
利息総額;8,429円

<30日毎の30回払いの場合>
毎月の返済額:4,163円
返済総額:124,911円
利息総額;24,911円

アコムの場合は、前述した一定の利率をかけた返済額以上であれば、いくら返済しても大丈夫ですので、
余裕がある時は少しでも多く返済して元金を減らし、利息を減らし、早めに完済を目指すことをおすすめ致します。

一括返済について
借入額を一括で返済することも可能です。
アコムATM、提携先ATM、店頭窓口、銀行振込で返済ができます。
しかしATMの支払いは1000円単位となるため、端数が残った場合は店頭窓口か銀行振込で支払う必要があります。

尚、一括返済した後でもアコムとの契約が解約になるわけではないので、借入が必要になった場合はまた借りることができます。

アコムは解約できる?

最後のアコムを解約する場合の方法について述べたいと思います。
アコムの場合、年会費等は無いのでカードを持ち続けることもできますが、今後使う予定がない場合ば解約するのもよいかと思います。

解約するのは完済が必要

当たり前ですが、借入金を完済していないと解約ができません。
前述した完済方法で、まずは完済をする必要があります。

解約する方法

解約するためには、アコムに解約の意思を伝える必要があります。完済しただければ解約にならないのでご注意下さい。
解約する場合は、アコム総合カードローンデスクに電話(0120-629-215)に電話するか、むじんんくんコーナー、店頭窓口に出向いて解約の手続きをしてください。

まとめ

アコムを例にして、消費者金融のカードローンをみてきましたがいかがでしたでしょうか?
アコムの場合、三菱UFJフィナンシャルグループが親会社であり、東証一部に上場もしていますので、比較的安心感の強い消費者金融にあたるかと思います。
正社員だけでなく、毎月一定の収入があれば非正社員でも利用することができますので、フリーランスの方でも申込しやすいと言えるでしょう。また女性専用の電話窓口もありますので、女性が相談しやすい環境が整っているのもうれしいですね。またインターネットだけで申込から契約まで完結する仕組みも整っていますので、窓口や無人契約機に行くこのに抵抗がある方も利用しやすいかもしれません、借入する場合は、返済計画もしっかりたててから活用してくださいね。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

千葉銀行カードローンを他銀行と金利で比較!すぐ役立つ3つの情報を紹介

千葉銀行カードローンの金利は、他銀行と比べて低いのか高いのか?カードローンで気になる点はやはり「金利

使い道自由!3ステップで始めるみなと銀行カードローンの申し込みガイド

今やTVCMや駅の広告ではすっかりお馴染みのカードローンですが、フリーターは社会的信用に欠けるから銀

必要書類丸わかり!初心者も安心の常陽銀行カードローン6つの特長とは?

給料日まであと少し、、でも今週ピンチ~!日頃の節約も虚しく急な出費に頭を悩ませる時ってありますよね。

多重債務は、おまとめローンで一本化がお得?スマートに返せる3つの理由

「車や住宅、こどもの教育でローン返済が辛くて仕方ない……」  「生活をまわすのが非常にギリギリだが