キャッシング即日!カードローン案内所 カードローン 千葉銀行カードローンを他銀行と金利で比較!すぐ役立つ3つの情報を紹介

千葉銀行カードローンを他銀行と金利で比較!すぐ役立つ3つの情報を紹介

千葉銀行カードローンの金利は、他銀行と比べて低いのか高いのか?カードローンで気になる点はやはり「金利」ではないでしょうか。
千葉銀行カードローンを他銀行との金利で比較。更に利息の計算の仕方や金利がゼロになる無利息期間はあるのかなど、千葉銀行カードローンの特徴についてご紹介します。

千葉銀行のカードローン「クイックパワー<アドバンス>」

千葉銀行のカードローン「クイックパワー<アドバとンス>」の金利は、年4.3~14.8%の変動金利です。カードローンをお考えの際に最も気になるのは、金利ではないでしょうか?銀行のカードローンを利用するなら、やはり低金利の物を選びたいという方が多いでしょう。では、カードローン金利はだいたいどれくらいなのか、千葉銀行カードローンの金利は、他銀行と比べて金利は低いのか比較してみました。

千葉銀行のカードローン「クイックパワー<アドバとンス>」の特徴は、初心者の方でも安心して利用できるという点ですが、金利に関してはどうなのでしょうか?大手銀行から都市銀行、ネット銀行や消費者金融とあらゆる種類のカードローンがある中、千葉銀行カードローンは低金利なのか?次の項目で、詳しくご紹介します。

千葉銀行カードローン「クイックパワー<アドバとンス>」について詳しくは、こちらをご覧下さい。

 

徹底比較!千葉銀行のカードローンの金利は高い?低い?

金利について他銀行と比較

千葉銀行カードローンの金利と他銀行カードローンの金利を比較してみました。一般的に年金利の設定は、借入金額によって異なり、借入金額が最も少ない項目に当てはまっている場合が上限金利、逆に借入金額が最も高額の項目に当てはまっている場合に下限金利、少ない金利での借入が可能となります。借りる金額が多ければ金利は安く、少ない場合には金利が高くなるということです。

千葉銀行カードローンの借入限度額は、最大500万円となっています。他銀行では、上限が1000万円という銀行もあります。派遣社員やパート、アルバイトや専業主婦の方でも申し込みが可能ですが、借入金額がいくらであっても申し込みの際には審査があり、限度額や金利の設定は異なります。千葉銀行カードローンの場合、借入するための年齢制限が設けられており、契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方となっています。

千葉銀行のカードローンよりも低金利の銀行はいくつかあります。例えばネット銀行のソニー銀行の金利は年9.8~13.8%です。千葉銀行のカードローンの金利は年4.3~14.8%なので、上限の金利が千葉銀行よりも低い数字になっています。更に、メガバンクである東京三菱UFJ銀行では年利1.8~14.6%、みずほ銀行では年利3.5~14%、と上限下限の両方の金利が低い設定になっています。
あくまでも最低金利と最高金利の比較なので、借入金額によって異なる場合もあるのでご自分の希望借入額で比較することをお勧めします。

金利について消費者金融との比較

銀行のカードローンの金利は、消費者金融よりも低金利というイメージを持っている方が多いようです。では、実際に千葉銀行のカードローンと消費者金融との金利を比べてみましょう。

TVCMや電車の車内広告でもよく見かける3社の金利を見てみましょう。
・アコム 年利3.0~18.0% 
・アイフル 年利4.5~18.0% 
・プロミス 年利4.5~17.8% 
となっています。イメージ通り、消費者金融と比較すると千葉銀行カードローンは年4.3~14.8%なので、上限・下限いずれも低い数字となっています。

千葉銀行カードローン「プレミアクラス」と「マイワレット」

千葉銀行のカードローンには「クイックパワー<アドバンス>」の他に「プレミアクラス」と「マイワレット」の2種類があります。
「プレミアクラス」の特徴は、年収が500万円を超える方向けのワンランク上のカードローンです。「プレミアクラス」の金利は年4.0~5.5%と「クイックパワー<アドバンス>」よりも低くなっています。さらに、千葉銀行の住宅ローンを利用している場合には、店頭表示金利よりも0.2%割引になるお得な特典が付いています。
「マイワレット」は、プレミアクラスのように年収の制限はありませんが、住宅ローンを利用している場合はプレミアクラス同様に店頭表示金利よりも0.2%割引になります。ただし、100万円、200万円型を利用する場合には千葉銀行への給与振込指定が必要となりますのでご注意下さい。

金利について、他銀行や消費者金融との比較をご紹介しました。次の項では、お借入をされた場合のイメージが出来るように、具体的な例を挙げてご紹介します。

 

利息の計算方法と口コミ

千葉銀行のカードローンを実際に利用した場合の利息の計算をしていきましょう。
利息の計算式は 借入額×金利÷365日×利用日数 になります。
千葉銀行カードローンを利用して10万円を30日間(約1ヶ月)借り入れた場合と10万円を180日(約6ヶ月)借入た場合の計算をしてみます。

例: 借入金額100,000円 金利14.8% 利用日数30日
    100,000×14.8(0.148)÷365×30=1,216

   借入金額100,000円 金利14.8% 利用日数180日(約6ヶ月)
   100,000×14.8(0.148)÷365×180=7,299

10万円の借入を1ヶ月した場合の返済金額は101,216円となり、6ヶ月借入した場合には107,299円となります。当然ですが、利用日数が増えると利息も増えてしまい返済金額も増えていきます。
角度を変えてみてみましょう。10万円借入し月々の返済額を4,000円とします。すると、返済金額は約12万円となります。

千葉銀行のHPでは、借入や返済のシミュレーションをすることが出来ます。

「返済額を知りたい人」
希望の借入金額や借入期間から、毎月どれくらいの返済額になるのか?ボーナス月にはどれくらい返済すればよいのかなど試算ができます。更に、繰上げ返済をした場合のシミュレーションも可能。

「どれくらい借入できるか知りたい人」
自分はいくらくらいまで借入できるのかを、希望の返済金額や借入期間から算出することが可能。

初めて借入をされる方は、返済に関して不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。一度シミュレーションしてみるとイメージが付きやすいのではないでしょうか。

千葉銀行カードローンを利用している人の声

千葉銀行カードローンは、他銀行と比べて特別に金利が低いというわけではありませんが、インターネットで簡単に借入可能かの診断もでき、申し込みもスピーディーで簡単です。

40代男性

親戚に不幸があり急にお金が必用になり、最短即日借入OKだったので利用した。たまたま利息ゼロのキャンペーン中でした。機会があれば、また利用したいと思います。

30代男性

店頭に行かずにインターネットで申し込みができ楽に借入が出来ました。現在返済中ですが、引き落としなので遅延無く返済中。消費者金融と比べて低金利だし、銀行のカードローンなので安心かなと思っています。

40代女性

生活費で利用していました。借入も返済もコンビにで出来て便利です。全額返済したいけどコンビにだと端数の返済が出来なくて電話したら、窓口なら端数も返済出来ると言われて一度窓口利用をしたことがあったけど、対応がよかった。

申し込みが簡単という点や返済も引き落としやコンビにで出来るという点で好評価が多くなっています。

お得に借りる方法は?

千葉銀行カードローンでは、無利息キャンペーンを行っている場合があります。無利息キャンペーン期間中に全額返済すれば利息なしで返済することが出来るとてもお得な期間です。タイミングが良ければお得に借りることが出来ます。時々、ホームページをチェックすると良いでしょう。

千葉銀行カードローンのように銀行系のカードローンでは、時々無利息キャンペーンを行っている場合もありますが、常時というわけではありません。
消費者金融では、無利息期間を設けているところが数社あるのでご紹介します。

消費者金融の金利ゼロ期間

プロミス

プロミスでは、初回借入から30日間無利息です。無利息サービスを行っている消費者金融は他にもありますが、契約日の翌日からというところが多い中、プロミスは借入日から30日間というところがポイントです。
審査は最短30分、融資は最短で1時間と急いでいる方に向いています。

アコム

アコムでは30日間金利ゼロ円サービスを行っています。契約日の翌日から30日間無利息になります。借入をしてもしなくても、契約日の翌日から30日のカウントは始まっているので注意が必要です。
審査は最短30分、融資は最短即日と急にお金が必用になった場合に便利です。

ノーローン

ノーローンでは、1週間無利息というサービスを行っています。借入日から30日無利息のプロミスや、契約翌日から30日金利ゼロ円のアコムと比べると、無利息期間が短くなっています。しかし、ノーローンの特徴は「何度でも1週間無利息キャッシング」という点です。完済日の翌月以降であれば、再び1週間無利息が適用されるというサービスを行っているのです。
例えば、給料日前にピンチになってしまい3万円借り入れして給料日に返済すれば無利息で借入可能。また翌月の給料日前に5万円借り入れしても1週間以内に返済すれば無利息で借入することが出来るのです。

他にも、独自のキャンペーンや無利息期間を設けている会社もあるのでチェックしてみると良いでしょう。
他にも、独自のキャンペーンや無利息期間を設けている会社もあるのでチェックしてみると良いでしょう。
借入をする際には、利息が一番気になるところですが、キャンペーンや金利ゼロ期間だけにとらわれないようにしましょう。借入金額によって利息が異なる場合がありますし、返済期間が長くなると利息も多くなっていきます。無利息期間を利用する際には、期間内に返済可能かをよく考えた上で、自分の返済スタイルに合ったカードローンを選ぶことが大切です。

 

カードローンのまとめ

千葉銀行のカードローン「クイックパワー<アドバとンス>」は、借入金額が400万円を超える高額な場合には銀行のカードローンと比較すると低金利だということがわかります。更に、消費者金融と比べるとイメージ通り金利は低くなっています。以前、期間限定でゼロ金利キャンペーンを行っていたので、今度も期待できそうです。

しっかりと審査があるものの最短即日借入可能で、返済もコンビニや引き落としが可能で便利です。初心者でも安心して利用することが出来るのも特徴のひとつです。

利用者の口コミでも満足度が高く、返済が簡単というのもポイントのひとつです。
金利だけにとらわれず、ご自分の返済スタイルに合ったカードを選ぶのが良いでしょう。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

5分でわかる簡単解説!残価設定ローンと通常カーローンの違いとは?

会社の転勤で、東京から地方に家族6人で引っ越すことになりました。転勤は3年程の予定。都内で不要だった

コンビニATMでプロミスを使う方必見!ATM手数料を減らすコツ3つ!

プロミスユーザーの方に是非知ってもらいたい情報をお伝えします。 それは利用手数料に関することです。

アイフルの在籍確認は絶対?会社にバレずに申込むための4つのポイント!

今やネットやスマホで簡単に申し込めるようになったカードローン。手軽に申し込める半面、不安なのは会社に

緊急時に役立つ!裁判所から支払い督促状が届いた時の対処法4つを公開

借金の返済を放置していたら。裁判所から催促通知が届いてしまった…。裁判所に出頭しないといけないの?逮