キャッシング即日!カードローン案内所 学生向けサービス 【3つのポイント】学生こそクレジットカードを持つべき理由【徹底解説】

【3つのポイント】学生こそクレジットカードを持つべき理由【徹底解説】

大学・短大・専門学校に在籍しているまだクレジットカードを持ってない、または持つことを検討している皆さんに向けて、クレジットカードを持つべき理由を解説したいと思います。

(理由その1)インターネットショッピング支払いでの活用

例えばEC大手のアマゾンで買い物をした場合、クレジットカード以外の支払い方法として、

①振込支払い

②代金引換

が存在しますが、

①の場合、毎回の買い物の度に自分自身でATMに行き、振込を行い、手数料を別途で支払うと行った手間と余分なコストが発生します。

②の場合、注文した商品を自分自身で受け取り、現金を用意して支払う必要があります。

また、アマゾンでは商品によっては、この代金引換が出来ない商品も存在します。

しかし一方で、クレジットカードによる支払いをした場合、上記のような振込手数料や現金の用意をする必要がないだけでなく、支払い額に応じてアマゾンポイントが最大で2%付与されます。

手間も省く事が出来て、支払い還元もあるなら、クレジットカード支払い一択ではないでしょうか?

(理由その2)クレジットカード使用額に応じたポイント還元

先ほどのECサイトでのポイント還元だけでなく、スーパーでの買い物や、帰省のための航空券購入など、普段の支払いでクレジットカードを使用した場合、その支払い額に応じて、クレジットカード会社からポイントが還元されます。

例えば、楽天カードの場合、貯まったポイントは楽天市場での利用が出来ます。

また、航空系クレジットカードの場合、貯まったポイントをマイレージに転換する事が可能です。

こういったポイント特典の存在は、クレジットカード支払いの魅力の1つになります。

(理由その3)クレジットヒストリーの強化

このクレジットヒストリーとは、信用情報機関が記録している個人のクレジットカードやローンに関する利用状況や過去の支払いの記録です。

クレジットカードの場合ですと、簡単に言うと毎月の支払いを確実に期日で支払っていると信用度が高まり、延滞をすると信用度が下がります。

この記録は、金融業者が閲覧が可能であり、これをもとに個人の信用が高いか低いかを判断します。

大学生向けクレジットカードは、毎月の使用額の上限が一般と比べて低めに設定されており、この上限内での買い物をした際の支払いを4年間毎月確実に行う事で、自らのクレジットヒストリーを強化する事が出来ます。

クレジットヒストリーを強化することのメリットとしては、

・大学を卒業して、一般カードへの移行がスムーズ、またはステータス性の高いプラチナやゴールドカード審査における優遇

・自動車ローンや住宅ローンでの優遇

など、学生が将来的に自らがファイナンシャル面での恩恵を受ける第一歩として、学生向けクレジットカードを持つ事となります。

まとめ

いかがでしたか?

学生がクレジットカードを持つべき理由として、

●ECサイト支払い利用とそのポイント還元

●カード会社からのポイント還元

●クレジットヒストリー強化

の3つを挙げました。

日々の生活で必要な支払いをクレジットカードを利用することで、手間を省く事が出来る事とポイント特典を受けることが出来るだけでなく、

自らの将来における大きな買い物をする際に必要なローン内容の優遇を受ける事が出来る一歩として、是非学生の皆さんはクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

次回、詳しく学生向けクレジットカードの紹介を行ってみたいと思います。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

【簡単便利】学生ローンについて【おすすめ5社】

学生生活をしていると、何かとお金がかかりますよね。 毎日の生活費ではなくても、合宿費や旅行代