キャッシング即日!カードローン案内所 地方銀行カードローン 北海道銀行カードローン 【北海道銀行カードローン】返済金額を効率よく減らすお勧め3パターン【ラピッドカード】

【北海道銀行カードローン】返済金額を効率よく減らすお勧め3パターン【ラピッドカード】

タカ&トシさんのCMでもおなじみの、北海道銀行のカードローン「ラピッド」。

ラピッドカードの人気の理由をご紹介します。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の基本情報はもちろんですが、賢く返済するためのお勧め返済方法3パターンも合わせてご紹介します。

北海道銀行「ラピッドカード」とは

北海道銀行について

北海道銀行は大手地方銀行であり、本社は札幌市中央区に構えています。

「道銀」の愛称で知られており北海道にお住まいの方ならご存知の方も多く、利用されているという方も多いでしょう。

ラピッドカードの紹介

北海道にお住まいの方は、メインバンクとしてご利用されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、カードローンでも高い人気を得ています。

ローン商品は多数ありますが、最も代表的なカードローンが「北海道銀行ラピッドカード」です。

北海道銀行カードローン「ラピッドカード」の気になる返済方法はどのようになっているのでしょうか?

カードローンを選ぶ際、金利と同様に返済方法は最も気になる点です。

毎月の返済額はどのように決まるのか、また返済方法についてご紹介します。

(返済金額)

借入限度額が400万円以下か400万円以上か、更に返済日時点の借入残高が10万円ごとに変動し、その額によって返済金額が変わります。

最小返済額は2000円と毎月の負担額が少ない点が人気の理由の1つではないでしょうか。

毎月の返済額が2000円なら、無理なく返済を続ける事が可能な方も多く、更に追加で返済することもできます。

(返済方法)

北海道銀行のATMまたは、提携のコンビニATMから返済出来ます。

提携のコンビニから返済が可能なので、例えば、返済日に出張で近くに北海道銀行が無かった場合でも、セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニから返済が出来るため、全国どこからでも返済が可能なので安心です。
(※返済可能時間については、コンビニによって異なるのでご注意ください。)

借入の前に

「北海道銀行ラピッドカード」の返済金額はどのように変わるのか、どんな返済方法があるのかなど、今までカードローンを利用したことのない方にもわかりやすくご説明します。

借入の前に理解していただくことで、計画的な返済をすることが出来るので参考になさって下さい。

ラピッドカードの返済方法とリボ払いの注意点

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済方法

では、北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済方法についてご説明します。

カードローンを利用してお金の借入をすると、毎月の返済が発生します。

「出来るだけ早く全額返済をしたい」「時間がかかっても、毎月の負担が少ないほうがいい」など、どのようなペースで返済をしたいのかは人によって異なるでしょう。

「ラピッド」の返済金額は、利用限度額が400万円以上か400万円を超えるかによって変わります。

(1)利用限度額400万円以下の場合の最小返済額

借入残高が10万円以下の場合⇒2000円

借入残高が10万円~20万円の場合⇒4000円

借入残高が20万円~30万円の場合⇒6000円

以降は、10万円増すごとに2000円追加というかたちになります。

(但し、異なる場合があるのでご注意ください。)

10万円借りた場合の毎月の返済が2000円であるならば、無理なく返済できるという人が多いのではないでしょうか。

では、次に利用限度額が400万円を超える場合をみていきましょう。

(2)利用限度額が400万円を超える場合の最小返済額

借入残高が10万円以下の場合⇒1000円

借入残高が10万円~20万円の場合⇒2000円

借入残高が20万円~30万円の場合⇒3000円

以降は、10万円増すごとに1000円追加というかたちになります。

(但し、異なる場合があるのでご注意ください。)

借入限度額が400万円を超える場合の最小返済額は1000円と、400万円以下の場合よりも更に安くなります。

こちらも、毎月の返済が無理なく出来るという方が多いでしょう。

カードローンの借入の他に、クレジットカードの返済方法として「リボルビング払い」つまり「リボ払い」という方法があります。

借入をしたことが無いという方でも「リボ払い」という言葉を聞いたことがあるという方は、多いでしょう。

リボ払いとは、借入に対して毎月一定の金額もしくは一定の割合で返済をしていくという方法です。

ただ、借入金額に対しての毎月の返済額が少ないとなかなか残高が減らずに大変な思いをする場合が多くあります。

追加の返済が可能な場合がほとんどですが、借入残高が減らないと精神的に辛くなってしまいます。

しかし、クレジットカードの返済方法として多く採用されているのが現状です。

リボ払いを利用する場合には、ゆとりをもった無理のない返済計画を立てる必要があります。

リボ払いを利用する時の3つの注意点

1.リボ払いの仕組みを理解する

2.申し込むカードのリボ払いの方法を確認する

3.支払い要件を確認する リボ払いを利用する際には、この3つの点に注意するようにしましょう。

カードローンの返済方法

カードローンを利用してお金の借入をすると、いくつかの方法の中からご自分で返済方法を選択しなければなりません。

出来るだけ利息を少なく、そして早く完済したいと考える方が多いでしょう。

いくら返済しても利息分しか返済されずなかなか元金を減らす事が出来ずに、いつまでたっても完済できない場合も少なくありません。

できるだけ効率よく、元金を減らしたいですよね。

返済方法について

カードローンの返済方法の代表的な2つをご紹介します。

(1)元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

[メリット] 返済額は(元金+利息)が一定なので返済の計画が立てやすい返済方法です。

[デメリット] 元金均等返済と返済期間が同じだった場合には、返済総額が多くなってしまいます。借り入れ金残高の減りが遅くなってしまいます。

(2)元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)

[メリット] 返済額(元金+利息)は、一定ではないので返済が進んでいくと少額になっていきます。元利均等返済と比べると返済期間が同じだった場合には、返済総額が少なくなります。

[デメリット] 返済開始時期の返済額が高くなってしまうので、月々の負担が大きくなってしまいます。

「元利均等返済」「元金均等返済」共に、メリット・デメリットがあるので、ご自分の収支や年齢などの生活パターンに合わせて、自分に合った方法を選びましょう。

民間住宅ローンでは、「元利均等返済」が一般的です。フラット35や財形融資では「元金均等返済」の利用も可能となっています。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済方法

ラピッドカードの返済額は、利息・借入元本の順序で返済に充当します。

例:100,000円を年利14.95%で30日間利用した場合

借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息
110,000円×14.95%÷35日×30日間=1,228円

前項でご説明した通り、ご利用限度額が400万円以下のお客様で借入残高が10,000円以下の場合の月々の返済金額が2000円なので、利息1,228円 元金772円となります。

月々の返済金額が2000円だと、無理なく返済することは可能な方も多いとは思いますが、返済期間は長くなってしまいます。

出来るだけ早く完済するためには、余裕のある場合には「繰り上げ返済」を利用して、返済をすすめることが良いでしょう。

早く完済したいと思うのは当然ですが、負担になってしまってはもともこもありませんので、月々の最小返済金額が2000円の北海道銀行カードローン「ラピッド」は、無理のない返済計画を立てることが出来るので安心と言えるでしょう。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済方法

ラピッドカードの返済額は、利息・借入元本の順序で返済に充当します。

例:100,000円を年利14.95%で30日間利用した場合

借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息 110,000×14.95%÷35日×30日間=1,228円

前項でご説明した通り、ご利用限度額が400万円以下のお客様で借入残高が10,000円以下の場合の月々の返済金額が2000円なので、利息1,228円 元金772円となります。

月々の返済金額が2000円だと、無理なく返済することは可能な方も多いとは思いますが、返済期間は長くなってしまいます。

出来るだけ早く完済するためには、余裕のある場合には「繰り上げ返済」を利用して、返済をすすめることが良いでしょう。

早く完済したいと思うのは当然ですが、負担になってしまってはもともこもありませんので、月々の最小返済金額が2000円の北海道銀行カードローン「ラピッド」は、無理のない返済計画を立てることが出来るので安心と言えるでしょう。

ラピッドカードの返済日

返済方法は選べる2タイプ

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済方法は2種類の中から方法を選ぶことが出来ます。

(1)指定日返済

自分の希望する指定日(6日を除く)までに返済します。

カードローンの一般的な返済方法です。

自分で日にちを指定することが出来るので、お給料日後など選ぶことができて便利です。

(2)35日ごとの返済

最初は借入日の翌日から35日後、その後は返済日の翌日から数えて3日以内に返済をするという形の返済方法です。

毎月決められた日に返済する方法が一般的なので、珍しい返済方法となっています。

取引の途中で追加の借入をした場合でも、返済期日は延長されませんのでご注意下さい。

カードローンを効率よく返済する方法

返済総額を減らす方法

(1)低金利

カードローンを利用する際には、まず金利に注目しましょう。

同じ金額の借入をしても、金利が低ければ返済金額も少なくて済みます。

万が一、金利が高いカードローンを利用してしまった場合、借り換えをするという手段もありますが、手間がかかってしまうので利用する前に必ずチェックしましょう。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の金利は年1.9%~14.95%と一般的な銀行のカードローンと同じです。

消費者金融のカードローンの金利と比べると低くなっています。

(2)繰り上げ返済

返済総額を減らす方法として、元金を減らすことが重要となります。

元金を減らすことが出来れば返済回数・返済期間を短縮する事が出来るからです。

その為に有効な方法が「繰り上げ返済」です。

繰り上げ返済をすると、確実に元金を減らす事が出来ます。

無理をしてしまうとよくありませんが、余裕のある時には積極的に繰り上げ返済をすることが有効です。

(3)一括返済

一括返済とは、借り入れ金を一括で全額返済する方法です。

月々支払う予定だった利息を支払う必要が無くなるので、返済総額を減らすためには最適な方法と言えるでしょう。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の一括返済方法は、とても簡単です。

北海道銀行又は指定のコンビニATMに返済金額を入金するだけで完了です。

来店やネットでの面倒な手続きは必要ありません。

返済総額を出来るけ少なく、早く完済することも大切ですが、無理をせず自分のペースで返済計画を立てることをお勧めします。

(**)返済に関する注意点

カードローンを利用すると、毎月の返済は元金と利息の両方を支払わなければなりません。

つまり、返済の期間が長くなればなるほど返済金額も多くなってしまうということになります。

短期間で完済すれば、利息が少なくて済む分総返済金額も少なくなるということです。

返済計画を立てましょう

返済シュミレーションの利用方法

北海道銀行のホームページから、返済シミュレーションを行うことが出来ます。

初めてお借入をする方、カードローンを利用した事が無いという方は返済について不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済についてhttp://rapi.jp/about_repayment/から、返済シミュレーションを行うことが出来ます。

・毎月の返済金額をシミュレーションしたい場合
借入希望金額・返済回数(毎月1回払いの場合)を入力して[計算する]ボタンを押すと、ローン利率と毎月の支払額が算出されます。

・返済回数をシミュレーションしたい場合
借入希望金額・毎月の返済金額(元利計算)を入力して[計算する]ボタンを押すと、ローン利率と返済回数が算出されます。

注意
シミュレーション結果は、参考値です。実際の返済内容と異なる場合があるので、あくまでも目安として利用するためのものなので、ご注意下さい。

まとめ

北海道銀行カードローン「ラピッド」は、最小返済額が2000円と無理なく返済が出来るため安心なカードと言えるでしょう。

提携のATMでも返済が可能なので、うっかり返済日が近くなってしまっても近くのコンビニで返済できて便利なカードです。

カードローンは、返済回数が多くなると元金がなかなか減らないので、余裕のある時に繰り上げ返済を利用して効率よく返済することをお勧めします