キャッシング即日!カードローン案内所 カードローン 【みなと銀行】カードローンの通りやすさは地銀が穴場?!簡単3ステップで審査クリア【カードローン】

【みなと銀行】カードローンの通りやすさは地銀が穴場?!簡単3ステップで審査クリア【カードローン】

カードローンは、申し込ばが誰でも使えるというわけではありません。

申込をすると、審査があり、この審査に通過した人のみがカードローンを利用する事が出来るのです。

では、その審査とはどのような基準で行われるのでしょうか?

この審査に通るコツなどはあるのでしょう?

カードローンの審査とは

カードローンを利用する前には、まず審査に通る必要があります。

銀行や消費者金融などの借主側も、お金を貸しても返す能力の無い人にお金を貸すことはできません。

返済能力があるのかを事前に審査する必要があるのです。

いざ、カードローンを利用しようと思っても審査に通らなくては、カードローンを利用してお金を借りることは出来ません。

審査に通らずカードローンが利用出来なくならないように、カードローンの審査についての知識を得ておくことは大切です。

カードローンには銀行系や消費者金融など様々な種類がありますが、その中でも地方銀行のカードローンは審査に通りやすいと言われています。

ただし、地方銀行のカードローンは、お住まいの場所によって作れないという制限があるところが多いです。

カードローンの審査の内容や審査を通りやすくする方法、

審査が通りやすいと言われている地方銀行で全国どこでも作れる便利なものは無いのか、章ごとに詳しくご紹介していきます。

カードローン申込手順

カードローンを利用する際の第一歩となるカードローンの申込と契約等の手続きです。

まずは、一般的なカードローンの申込の流れについてご紹介します。

(1)カードローンの申し込み

スマオや携帯電話、パソコンやタブレットなどインターネット・郵送・電話・FAX・自動契約機・店頭など、様々な方法で申し込むことが出来ます。

店舗を持たないネット銀行や消費者金融などは、店頭申込が無い場合もあります。

カードローン専用の申込フォームや申込用紙に必要事項を記入します。

(2)審査結果の連絡

早いところで最短で30分、ほとんどの場合申込当日に審査結果の連絡が来ます。

連絡方法は、申込時に選ぶことができますが、電話連絡が多くなっています。

審査の段階で、在籍確認が行われます。

(3)手続き

無事に審査に通ると、次に契約の手続きに入ります。

本人確認の書類(免許証や保険証、パスポートなどのコピー)と契約書を郵送します。

(4)カードローン利用開始

契約が終了すると、カードローン専用のカードが郵送されます。

郵送先は自宅になりますが、家族に知られたくないという方には、会社に郵送してもらうことも可能です。

一般的なカードローンの申込から利用開始までの流れは、このようになっています。

銀行系・消費者金融ともに、大きな差はありません。

地方銀行カードローンは、審査が通りやすいと言われていますが、都市銀行と比べて、噂によると地域密着型のため審査が通りやすいと言われています。

地域密着型のため、カードローンを利用するのは住んでいる地域が限られている場合が多いのですが、

兵庫県神戸市に本店を構えるみなと銀行カードローン「Qポートネオ」は全国どの地域にお住まいでも申し込むことが出来ます。

申し込みの流れから契約までは、先ほどご紹介したものと、ほぼ同じです。

また、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」のとくちょうとしては、みなと銀行ATMのほかにもセブンイレブンなどのコンビニ各社のATMや提携の銀行ATMからの借入や返済が可能な便利な地方銀行カードローンです。

カードローンの審査に関しても、最短1時間で審査が通り原則当日中に電話で連絡が来ます。

カードローン審査の3つのポイント

カードローンを選ぶポイントはいくつかありますが、まずは審査に通る必要があります。

急遽お金が必要になってしまい、カードローンの契約をしようと思っても審査に通らなければ困ります。

特に問題が無いはずなのに、ちょっとしたミスで審査が通らないということもあります。

まずは、カードローンの審査内容を知って審査に通るようにしたいものです。

では、審査の3つのポイント紹介します。

(ポイント1)収入の状況~職業と年収

お金を貸す側からすると、返済能力があるのかどうかが最も重要となります。

そのため、安定した収入があることが必須条件となります。

安定した収入がある正社員なのか、不安定な契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなのかという雇用形態も重要なポイントです。

更に、勤続年数も審査のポイントとなっています。

最近では、専業主婦の方でも利用できるカードローンもありますが、配偶者に安定収入がある場合に審査に通りやすくなっています。

また、現在高額収入があったとしてもそれが定収入ではない場合には審査が通り難くなります。

公務員のように安定した職業についている方は審査に通りやすいと言えます。

職業としては、他に上場の大企業や中小企業にお勤めの方は比較的審査に通りやすいと言えます。

個人事業主の方は、比較的不利なことが多いようです。

これは不安定な高額な収入よりも、安定した一定の収入がある事がより評価されるという意味なんです。

職種については、特に影響はないようです。

勤続年数に関しては、3年以上であれば問題ありません。

1年程度だと、借入金額が低くなる可能性があります。

(ポイント2)居住情報

現在お住まいの家(カードローン申込書に記入する現住所)が、

賃貸住宅なのか持ち家なのかで審査の通りやすさが変わってきます。

この時、賃貸住宅よりも持ち家の方が通りやすくなっています。

更には住宅ローンの返済残高も影響します。

完済しているのが最もよく、残債が少ない方が良いと言えます。

賃貸住宅にお住まいの場合には、居住年数が長ければ長いほど生活の信用度が高くなり、居住年数が短いとマイナス評価になってしまいます。

(ポイント3)他社への借入状況

銀行系カードローン・消費者金融カードローンのどちらの審査においても、他者への借入状況は重要視されます。

現在の借入件数、借入金額が多すぎる場合には審査に通るのは難しいでしょう。

また、過去の借入状況に問題はなかったかについても重要です。万が一、返済の遅延が多数あった場合には審査に通るのは難しいと考えましょう。

借入には、総量規制というものがあります。

賃金業法によって借り入れ金は年収の3分の1までという規制があります。これが総量規制です。

過去に、借り入れ金が膨らんでしまい生活に支障をきたしてしまったり、借金を苦に命を絶つ人が増えてしまうという事態が増えてしまったことがありました。

その予防の為に作られた規制です。

総量規制は、消費者金融に定められた規制なので、銀行系のカードローンには当てはまりませんが、銀行系カードローンの借入もだいたい年収の3分の1くらいだと覚えて置きましょう。

借入に最も重要なのは「信用性」です。

カードローンの審査に通るために、最も重要な点は虚偽の申請をしなことです。

審査に通りやすくするために、虚偽の年収を記載して審査を通ったとしても、借入金額によっては収入証明書の提出を求められる場合があります。

虚偽の申請によって、契約が取り消されてしまったり他社への契約が出来なくなる場合もあるので、虚偽の申請だけは絶対にしないようにしましょう。

カードローン契約時の在籍確認とは

カードローンの審査には「在籍確認」という項目があります。

カードローンを申し込む際にカードローン専用の申込フォームや申込用紙に必要事項を記入します。その中に勤務先を記入する欄があります。

その勤務先に虚偽が無いかを確認するためのものです。

勤務先に電話がかかってくるので、自分以外の人が出た場合に勤務先の人に借入が知られてしまうのではないか不安になるでしょう。

でも、安心して下さい!

借入を第三者に知らせる行為は「賃金業法」で禁止されているので、本人以外の人が電話に出た場合には社名を名乗ることはありません。

どんな場合でも、本人以外に電話の用件やカードローンのことを伝えるということはありません。

また、消費者金融の場合は電話は非通知でかかってくるので電話番号から会社名がわかってしまうということもありません。

では、気になる在籍確認の方法をご紹介します。

●本人が電話に出た場合
名前だけど名乗り「○○さんは、いらっしゃいますか?」と訪ね、本人だった場合には社名とローン申込の在籍確認の電話であるということを告げます。

●本人が不在の場合
名前だけど名乗り「○○さんは、いらっしゃいますか?」と訪ね、席を外していたり外出中だと告げられると、またかけなおしますと言って電話を切ります。折り返しの電話は不要と告げます。この電話でも在籍しているということがわかるので、在籍確認は完了です。

●あいまいだった場合
名前だけど名乗り「○○さんは、いらっしゃいますか?」と訪ね、「○○は、おりません」など曖昧な返答だった場合には、「外出ですか?」「お休みですか?明日は出勤されますか?」などと訪ねて、その会社に在籍しているのか確認します。

在籍確認が出来ないと審査に落ちてしまう場合があるので、虚偽の申請はしないようにしましょう。

カードローンの審査に通らない理由

前項で、カードローン審査のポイントをご紹介しました。ここでは、審査に通らなかった場合について詳しくみていきましょう。

審査に通らなかった場合、問い合わせをしても理由を教えてくれることはありません。

「残念ながら、当社の審査に通らなかったため」という通知や電話が来るだけというのが一般的です。

審査に通らなかった理由は、簡単に言ってしまうと「返済能力が無いとみなされた」「信用できないと判断された」ということになります。

では、具体的に審査に落ちてしまう理由をご紹介します。

●信用情報
カードローンの審査を行う際、金融機関は信用情報の確認を行います。
信用情報は、信用情報機関で管理されており金融業者は申込者の信用情報を照会します。

・個人情報(住所・氏名・年齢・生年月日など)
・クレジットカードや各種ローン、奨学金などの契約状況と支払い状況
・金融事故(※金融事項とは、1ヶ月以上の返済金遅延や債務整理が行われること)があった場合

金融事故を起こしてしまった場合、銀行系のカードローンの審査に通ることはかなり難しいといえます。ほとんどの場合、契約することは出来ません。

中には審査もしないという銀行もあります。

●勤続年数の長さ
勤続年数が3年以上の場合、信用度が高くなるのですが1年未満の場合には審査が通り難いと言えます。勤続年数が短いと転職が多く収入が不安定と判断されてしまうからです。カードローンの審査に通るには、ある程度の期間定職について安定収入があるとみなされる必要があります。

●職業
特に職種については、基準はないようですが正社員でない場合には審査が通り難い場合があります。特に無職の場合には審査に通るのは難しいでしょう。また、パートやアルバイトの場合にも審査が通らない場合もあります。「主婦や学生でもOK」というところもあるので、そちらのカードへ申し込むと通りやすいでしょう。

みなと銀行では、審査が通らなかった場合の理由をお伝えすることはありません。

一般的なカードローンの審査と同じように、安定した収入が無い場合や他社に高額の借入があった場合、更に既に複数のカードローン会社から借入があった場合や複数のカードローン会社に同時に申請をしていた場合には、返済能力が無いとみなされてしまい審査に通らない場合があります。

みなと銀行カードローンは、安定した収入がある方なら、主婦やアルバイトの方も契約することが出来る便利なカードローンです。

まとめ

カードローンを申し込む際の審査方法や審査の項目などについてご紹介しました。

銀行系・消費者金融を問わず、審査のポイントとなるのは、定収入の有無や勤続年数、現在の借入状況などが挙げられます。特に重要となるのは、信用情報です。

返済能力の有無が最も重要な審査基準となっています。

みなと銀行カードローンは、安定した収入があれば主婦の方やアルバイトの方でも申込が出来ます。

地方銀行のカードローンの申込は、地元にお住まいの方に限られている場合が多いのですが、インターネット等で全国どこからでも申込が可能な便利なカードです。

カードローンの申込の際には、虚偽の申告をすることのないよう、また申請に間違いのないように確認するようにしましょう。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

【カードローン】在籍確認の不安解消、会社にバレない方法【2つの具体例】

ローンの申請をすると、年収や勤続年数など借入に関係する様々な審査がされます。 その中のひとつ

【利用前に】カードローンの返済が遅れた時の対処法【ご一読】

カードローンを利用する際に気をつけないといけないのが、月々の返済をしっかり行うという事です。

当座貸越とは?カードローンとの違いを学ぼう!

お金を借りる手段としてカードローンが有名ですが、当座貸越という方法もあることをご存知でしたか?

【これで安心】知っておきたいローンの基本情報【2つのポイント】

将来マイホームを考えている、車の購入をお考えているという人の中には、ローンを組むことを検討しようと