キャッシング即日!カードローン案内所 カードローン すぐに借りれるアコムで金利を下げるポイント

すぐに借りれるアコムで金利を下げるポイント

アコムと契約をしている人の多くが金利で悩んでいるはずです。アコムからの金利を下げる方法があればみなさん喉から手がでるほど知りたいのではないでしょうか。

 

金利はいくら?

利息の計算は以外と難しいです。
まずは計算式です。

計算式

・利息額=借入残高x年率/365日x利用日数

この計算式で利息を計算することができます。利息は原則として日割りで計算をします。借入をしている状況で追加の借入を行った場合は借入をした翌日から日割りがスタートします。この計算式で計算をしていくとどうしても割り切れない数字が出てくることがありますが1円未満は四捨五入ではなく切り捨てを行います。

また返済時には1000円以下を繰り上げにし返済額として支払うことになります。

では実際にいくらの利息が出るのか数字を当てはめて考えていきましょう。

30万円借りるといくらの利息?

では実際の計算をしてみましょう。30万円を年率18%で借りた場合を具体的に計算しましょう。

計算式

・利息額=借入残高x年率/365日x利用日数

 

5日で返済した場合

・利息額=30万円x年率18%/365日x利用日数5日

 →これを計算すると、利息額=30万円x0.18/365×5=739円が利息。

10日で返済した場合

・利息額=30万円x0.18/365×10=1480円が利息。

30日で返済した場合

・利息額=10万円x0.18/365×30=4439円が利息。

 

この程度の金額であれば借りても容易に返済することができますね。しかし、その考えが借りて借りて借りてと無限サイクルを生む原因にもなりかねないので注意が必要です。

100万円借りると?
100万円を借りた時のことを考えて計算してみます。100万円借りなければいけない状況はそうないと思いますが念のためです。
計算式の再掲
・利息額=借入残高x年率/365日x利用日数
何度も登場していますが、念のため掲載しておきます。
5日で返済した場合
・利息額=100万円x年率18%/365日x利用日数5日
利息額=100万円x0.18/365×5=2466円
10日で返済した場合
・利息額=100万円x0.18/365×10=4932円
30日で返済した場合
・利息額=100万円x0.18/365×30=147945円
100万円になるとさすがに利息が高くなっていますね。さらに問題なのは最低返済額の中にこの利息も含まれているということです。いくら返済しても元本が減らなければ返済へ近づいているとは言い難いです。
利息のみを支払っている人が多いので元本返済に関してよく考えるようにしましょう。

返済するには?

アコムは貸金業者の中でも積極的にテレビやラジオでCMを流しています。親しみやすいタレントやお笑い芸人を使って身近な存在に感じてもらえるよう努力をしているのです。
また初めてお金を借りる人にもわかりやすくするためキャンペーンを実施している面白い企業でもあります。

アコムの実施しているキャンペーンとは

有名なキャンペーンといえば金利0円キャンペーンです。アコムから始めて借りる人は30日間金利が0円で利用出来るというキャンペーンです。

ある意味、友人や親などからお金を借りた時と同じ状況で無金利で返すことができます。1万円借りれば1万円の返済ですみます。ボーナス前の人にとっては素晴らしいサービスと言えるのではないでしょうか。給料日前に欲しい商品で売り切れるかもしれないと言った時は金利0円キャンペーンを利用してお金を借りてボーナスが入った時に一括返済すれば元本のみの返済ですみます。
一括は無理にしても金利が30日間かからないというだけでも魅力的なサービスです。

金利0円キャンペーンの適用はどのような人なのでしょうか。
・ アコムをはじめて利用する方
・ 返済期日を「35日ごと返済」とすること
一括返済の予定のある人は返済期日に関して気にせず30日以内で返済をするようにしましょう。もし分割返済を考えている人はアコムの指定する期日をしっかりと守りましょう。
またこのキャンペーンのすごいところは30日以内であれば何回でも無金利で利用することができるということです。借りて返して、借りて返してと言ったこともできますね。

最低返済額はいくら?

アコムでは毎月の最低返済金額が決まっています。この返済額以上だったら返済することは可能ですが、この返済額を下回ることは許されません。
ではどう言った基準で最低返済額を決めているのでしょうか。
基本返済額
・利用限度額:30万円以下/借入額x4.2%
・利用限度額:30万円超100万円未満/借入額x3.0%
この計算で返済額は決められます。
50万円を借りた時は15,000円が最低返済金額になります。この金額を支払ってもこの15,000円の中には元本と利息が含まれています。
実際いくら元本が減っているのかしっかりとした計画を立てなければいけません。

アコムと社会の流れ

アコムは貸金業者の中でも積極的にテレビやラジオでCMを流しています。親しみやすいタレントやお笑い芸人を使って身近な存在に感じてもらえるよう努力をしているのです。
また初めてお金を借りる人にもわかりやすくするためキャンペーンを実施している面白い企業でもあります。

アコムの実施しているキャンペーンとは

有名なキャンペーンといえば金利0円キャンペーンです。アコムから始めて借りる人は30日間金利が0円で利用出来るというキャンペーンです。

ある意味、友人や親などからお金を借りた時と同じ状況で無金利で返すことができます。1万円借りれば1万円の返済ですみます。ボーナス前の人にとっては素晴らしいサービスと言えるのではないでしょうか。給料日前に欲しい商品で売り切れるかもしれないと言った時は金利0円キャンペーンを利用してお金を借りてボーナスが入った時に一括返済すれば元本のみの返済ですみます。
一括は無理にしても金利が30日間かからないというだけでも魅力的なサービスです。

金利0円キャンペーンの適用はどのような人なのでしょうか。
・ アコムをはじめて利用する方
・ 返済期日を「35日ごと返済」とすること
一括返済の予定のある人は返済期日に関して気にせず30日以内で返済をするようにしましょう。もし分割返済を考えている人はアコムの指定する期日をしっかりと守りましょう。
またこのキャンペーンのすごいところは30日以内であれば何回でも無金利で利用することができるということです。借りて返して、借りて返してと言ったこともできますね。

最低返済額はいくら?

アコムでは毎月の最低返済金額が決まっています。この返済額以上だったら返済することは可能ですが、この返済額を下回ることは許されません。
ではどう言った基準で最低返済額を決めているのでしょうか。
基本返済額
・利用限度額:30万円以下/借入額x4.2%
・利用限度額:30万円超100万円未満/借入額x3.0%
この計算で返済額は決められます。
50万円を借りた時は15,000円が最低返済金額になります。この金額を支払ってもこの15,000円の中には元本と利息が含まれています。
実際いくら元本が減っているのかしっかりとした計画を立てなければいけません。

返済額の引き下げ

5万円や10万円などボーナスが入ると一括返済、または大幅に返済することができるような金額ならまだしも100万円と言った高額になっても年利18%では借りた側が言うセリフではないですが辛いものがありますね。

どうしたら良いのか

アコムに電話をして「金利を下げてください」と言ってもほぼ無理です。金利は貸金業者の大きな収入源なので簡単に下げると業績悪化にもつながるからです。
またアコムと契約してすぐのお客さんからの求めにもあまり対応してくれるとは限りません。中長期間の取引記録があるお客さんには柔軟に対応する傾向はあるようです。やはり他者への乗り換えやブラックリストに入って貸すことができないに比べれば長い期間取引をしてくれていたお客さんへ少しでも歩み寄るのが企業努力というものです。
お客さんを選ぶことになるのでアコム内で審査や会議にかけられているというのは確実でしょう。

無理なく上限を下げる方法

アコム内の審査を受けずアコムに電話もかけずに金利18%をを引き下げることができる方法があります。それは借り入れ金額が100万円を超えることです。100万円借りれば年利が15%以上に設定できなくなるのです。アコムで利用限度額を増額させることは難しいですが中長期的な取引を繰り返していれば返済能力が評価され増額も見込めます。
金利を下げる一番の方法は100万円借りることでしたね。

アコムから金利を下げる?

アコムを利用する上で借り入れ金額の増額は意外と難しいものです。増減をするアコム側にもリスクがありますし、借りる側も借りすぎるといった弊害があるからです。
それに貸金法が改正されてから総量規制もかかりました。年収に対しての借りることができる金額が国で決められてしまいました。これは利用者を守る法律でもあり、貸金業者を健全化する法律でもあります。

アコム側は利用者の増額を決めるときは段階を踏んでいます。利用者が借りて返すといった実績を積むことも大切ですし、年収が増えたりした時にアコム側から提案があるようです。
アコム側から増額の相談や話をされたときはその時に金利についても聞いてみてはどうですか?

増額はなくてもアコム側から金利について連絡が来ることがあります。それはアコムに過払い金がある時です。過払い金はCMでやっているように請求でき、アコムからすると過払い金請求をされると払うものが多くなるので痛手となります。そうならないためにも過払い金がある利用者へ金利の引き下げを提案することがあるようです。
もし、アコム側から金利の引き下げの話が来たら過払い金があるかどうかをチェックするのもありです。
ただし向こうも企業なので条件をつけてくることがあります。例えば金利を下げたら過払いについて請求しないとか、過払い請求をしたら金利は絶対に下げないといったことです。
過払い請求をするかしないかは本人が決めることです。
一度よく考えましょう。

最後に

アコムについて紹介していきましたがどうでしょうか?アコムは時代の流れに沿った経営をしてきています。その証拠として年利は毎年上限金利よりも低く設定されていて利用者のことを考えたキャンペーンも開催されています。テレビCMを始めとする広告にも力を入れていて親しみやすい貸金業を目指していますね。アコムは上客になればなるほど手厚くフォローしてくれる傾向にあります。また過払いなどアコムにとって不利な利用者へもフォローが手厚い傾向があります。お金を借りる時は気軽にできますが返済する時は少し大変です。アコムを利用する時は計画的に利用しましょう。

 

 

この記事を読んでいる方にオススメの記事

お勧めの1枚はこれ!みなと銀行カードローンと他社を金利で比較!

カードローンを選ぶ際に、最も重要なポイントのひとつが「金利」です。金利によっては、借り入れ金が同じで

金利を下げことはできる?アコムを賢く使う1つの方法

金利はいくら?    利息の計算は以外と難しいです。 まずは計算式です。 計算式 ・利息額

選べる!常陽銀行カードローンの返済方法|365日コンビニで借入返済可

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」ってご存知ですか?私この間初めて利用してみたんです。

カードローンの通りやすさは地銀が穴場?!簡単3ステップで審査クリア

カードローンは、申し込ばが誰でも使えるというわけではありません。申込をすると、最初に審査があり通過し