キャッシング即日!カードローン案内所 SMBCモビット 即理解!SMBCモビットの金利や利息がわかる4つのポイント

即理解!SMBCモビットの金利や利息がわかる4つのポイント

引っ越しって出費が大きいイベントですよね。東京都の場合、引っ越しを決めると「敷金2か月・礼金2か月・仲介手数料1か月・前家賃1か月」と家賃の6か月分必要になる場合もあります。仮に家賃が7万円とすると7万円×6か月=42万円も1お金を支払わないといけません。そして、引っ越し業者(荷物の移動)への支払いも発生します。元々引っ越しを予定していて貯金をしている場合は支払えますが、もし急に引っ越しが必要になった場合、すぐに用意するのは難しい金額ですよね。最近、私の友達が急な引っ越しが必要になったのですが、手元に引っ越し資金がなく困っていました。結果として友人はSMBCモビットのカードローンで引っ越し資金を支払うことができ、無事に引っ越しをすることができました。私も友人と一緒にSMBCモビットのカードローンについて調べたので、SMBCモビットのカードローンについて少し紹介したいと思います。

SMBCモビットの返済方式と返済額

お金を借りる際にまず気になるのが、毎月の返済額ではないでしょうか?
自分の月給の範囲内で無理せずに返済できるローンであることが大切です。

SMBCモビットカードローンの返済額


SMBCモビットカードローンの返済額は「借入残高スライド元利定額返済方式」で計算されています。なんだか難しい言葉ですが、簡単に言うと「最終借入残高に応じて返済額が決まっている」ということになります。借入ている残高が少なくなると返済額も少なくなる方式です。

▼SMBCモビットの返済額
最終借入後残高 / 返済額
10万円以下 / 4,000円
10万円超過20万円以下 / 8,000円
20万円超過30万円以下 / 11,000円
30万円超過40万円以下 / 11,000円
40万円超過50万円以下 / 13,000円
50万円超過60万円以下 / 16,000円
60万円超過70万円以下 / 18,000円
70万円超過80万円以下 / 21,000円
80万円超過90万円以下 / 24,000円
90万円超過100万円以下 / 26,000円

私の友人は50万円を借入したので、最初の返済額は16,000円ということになります。
この返済額の中には利息も含まれています。利息については後述致します。

またSMBCモビットでは追加返済をすることができます。
例えば、決められた返済額は16,000円ですが、20,000円支払うことができるということです。

詳しくは後述しますが、カードローンには利息がかかります。
借入残高が高いほど支払う利息も高くなります。
なので、借入残高はできるだけ早く減らした方が、最終的に返済する総額が少なくてすみます。
つまり、ボーナス月などでお金に余裕がある場合は、多めに返済したほうがよいと言えます。

万が一返済日までに返済できない場合


SMBCモビットのカードローンは1か月に1回の返済が必要です。
返済日は、5日・15日・25日・末日のいずれかから選ぶことができ、毎月同じ日に返済します。
しかし、もしこの支払い日までに返済額が用意できない場合はどうすればよいのでしょうか?
その場合は、SMBCモビットのコールセンターに電話して相談をすることをおすすめします。
連絡もせずに支払いをしない、支払いを遅延する、といったことは避けるようにしましょう。
また返済に遅延が生じた場合は遅延利息が発生することも覚えておきましょう。

SMBCモビットコールセンター:0120-24-7217(営業時間9:00~21:00)

SMBCモビットカードローンの金利

次にSMBCモビットカードローンの金利について説明致します。
カードローンは借りたお金に対して利息が発生します。利息とはレンタル料みたいなものです。
利息は【借りたお金】×【金利】÷365日×返済期日までの利用日数=【利息】で計算します。
つまり、この金利が低いほど利息として支払うお金は少なくてすむということです。
ではSMBCモビットの金利はどれくらいなのでしょうか?

SMBCモビットカードローンの金利


SMBCモビットカードローンの金利は公式サイトに<実質年率 3.0%~18.0%>と明記されています。
公式サイトの貸付条件等のページに主な返済例が記載されていますが、利用額50万円の場合は実質年率18.0%、利用額800万円の場合は実質年率3.00%となっていますので、この年率は、借入残高によって変動すると思われます。

三井住友銀行カードローンの金利


SMBCモビットはSMBCグループです。
そこで、参考に三井住友銀行カードローンの金利も見てみましょう。
三井住友銀行カードローンの公式サイトを見ると<金利:4.0%~14.5%>と書いてありました。100万円以下の場合は年12.0%~14.5%です。SMBCモビットと三井住友銀行はグループ会社ですが、金利は同じでは無いようです。金利は三井住友銀行カードローンの方が低いことがわかります。

SMBCモビットカードローンでお金を借りた場合の利息

SMBCモビットの金利がわかりました。では早速、SMBCモビットカードローンでお金を借りた場合の利息を計算してみようと思います。

利息の計算方法


まず利息の計算方法についておさらいです。
利息はこのように日割りで計算します。

▶借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数
※うるう年の場合は年366日で計算になります。

50万円借りた場
SMBCモビットカードローンで50万円借りた場合の利息を計算してみます。
金利は18.0%とします。

①10日利用した場合
50万円×18.0%÷365日×10日=2,465円
利息は2,465円となります。

①30日利用した場合
50万円×18.0%÷365日×30日=7,397円
利息は7,397円となります。

利用日数が長くなるほど利息として支払う金額は増えることがわかると思います。

尚SMBCモビットの公式サイトでは返済シミュレーションをすることができます。
50万円を1年間(12か月)金利18.0%で返済する場合をシミュレーションしてみました。
・毎月の返済額:45,839円
・最終回の返済額:45,845円
つまり、45,839円×11か月+45,845円=550,074円が総返済額になるということです。
利息総額は50,074円ということになります。

ちなみに2年間(24か月)金利18.0%で返済する場合はこのようになります。
・毎月の返済額:24,962円
・最終回の返済額:24,953円
つまり、24,962円×23か月+24,953円=599,079円が総返済額になるということです。
利息総額は99,079円ということになります。

100万円借りた場合

次に100万円借りた場合の返済シミュレーションもやってみました。
尚100万円を借りた場合は利息は15.0%に引き下がります。これは利息制限法第1条に金利が定められているからです。

100万円を1年間(12か月)金利15.0%で返済する場合をシミュレーションしてみました。
・毎月の返済額:90,258円
・最終回の返済額:90,256円
つまり、90,258円×11か月+90,256円=1,083,094円が総返済額になるということです。
利息総額は83,094円ということになります。

100万円を2年間(24か月)金利15.0%で返済する場合はこのようになります。
・毎月の返済額:48,486円
・最終回の返済額:48,490円
つまり、48,486円×23か月+48,490円=1,163,668円が総返済額です。
利息総額は163,669円ということになります。

ちなみに100万円を3年間(36か月)金利15.0%で返済する場合も計算してみました。
・毎月の返済額:34,665円
・最終回の返済額:34,659円
つまり、34,665円×35か月+34,659円=1,247,934円が総返済額になります。
利息総額は247,934円です。

借入残高が多いほど、借入期間が長いほど、利息総額は大きくなることを覚えておきましょう。

SMBCモビットカードローンの金利を下げる方法はあるの?

SMBCモビットカードローンの返済方式、金利、利息についてみてきました。
シミュレーションをしてみましたが、利息の支払いってバカにならないですよね。
できることなら払う利息は減らしたいと考えるのは当然だと思います。
金利が下がれば利息も減ります。
SMBCモビットに金利を下げて欲しいと要望したら利息は下がるのでしょうか?
当然ながら答えはNOです。
何故なら、ードローンの契約をする際に、金利についても同意した上で契約を締結しています。
また、借主が支払う利息がSMBCモビットにいとっては企業利益になるからです。
なので、一歩的な要求で金利が下がることはまずありません。ではどんな時に金利が下がるのでしょうか?

利用限度額を引き上げる?


一般的にカードローンでは利用限度額が高いほど金利が下がる傾向にあります。
SMBCモビットはSMBCグループ会社ですが、三井住友銀行カードローンでは利用限度額毎の金利が細かく設定され開示されていましたので参考になるかもしれません。

<参考>三井住友銀行カードローンの金利
契約極度額 / 借入利率
100万円以下 / 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 / 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 / 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 / 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 / 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 / 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 / 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 / 年4.0~4.5%

三井住友銀行カードローンは借入限度額が多いほど金利が下がっているのがわかります。
恐らくSMBCモビットもおなじ仕組みであると思われます。

SMBCモビットカードローンの利用限度額は1万円~800万円です。
利用限度額の増額を希望する場合は、別途審査が発生します。
希望する方はSMBCモビットのコールセンター(0120-24-7217)に電話してみてください。

まとめ

以上、SMBCモビットカードローンの返済に関することをご紹介してきました。
お金を借りる時は、借りることに頭がいっぱいで返済のことまで考えられないかもしれませんが、借りたものは返す必要があるので、何よりもきちんと返済できるかどうかが大切です。金利や利息についてしっかりと知識を持って、返済プランを考えて上でお金を借りるようにしてくださいね。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

プロミスが変わった?今すぐ知っておきたい返済や限度額

改正貸金業法が本格施行されてから早5年。現在の消費者金融はどのように進化したのでしょうか。SMBCグ

知ってた?SMBCモビットのATM手数料が0円なのは三井住友銀行ATMだけ!

SMBCモビットの借入方法は「振込キャッシング」と「提携ATMでのキャッシング」があります。 また

お急ぎの方へおすすめ。年会費無料。アコムのクレジットカードは即日発行

海外旅行を予定しているので、クレジットカードを作りたいなと考えていたところ、アコムでもクレジットカー

SMBCモビットの必要書類!郵送なし!知られずに借金!3つのポイント

そんなに大金ではないけどもう少しお金を借りれたら、旅行や趣味がもっと楽しめるのに…。こんな時思いつく