キャッシング即日!カードローン案内所 大手消費者金融 プロミス 【緊急時】プロミスのカードローン【1万円から】

【緊急時】プロミスのカードローン【1万円から】

お金が急遽必要になったけれど、手持ちが足りないし、借りる相手もいない。。。

そんな時は、大手消費者金融の1つであるプロミスで、お金を借りてみるという選択肢はどうでしょうか?

ただし、プロミスで借りる前には計画をしっかりと立てないと後の返済で大変な目にあうことになります。

今回は、プロミスを利用する前に、知らないといけない前提知識をご紹介いたします。

必須知識

(1)利息の計算

借りたお金には利息がつきものです。

返済額には、元本(実際に借りた金額)と利息が合わさっています。

最近ではドラマでも借金関係が取り上げられることがありますが、元本が減らなければ借入金は減っていないので注意が必要です。

では、実際に利息の計算の仕方を見ていきましょう。

利息額とは、(借入残高)x(年率)÷(365日)x(利用日数)

利息は、日割り計算で行われます。

1日あたりの利息から計算されるので、早めに元本を減らすことで不要なお金を返済せずに済みます。

一般的な年率はは17.8%なので、この数字を使って利息の計算をしてみます。

100万円借入を30日借りたと仮定します。

先ほどの計算式を用いて、15,117円が利息として計算できます。

前の項目で紹介した返済額の中に利息は含まれています。

100万円の返済額は 100万×1.99%=19,900円(1000円以上繰り上げ)なので、20,000円が返済額になります。

20000円を返済してもその中に15,117円が含まれているので、実際の元本はそこまで返済されていません。

この事実に気づかず、「毎月低額で返済できるからラッキー」と思っている人は後々痛い思いをすることがあります。

完済とは元本が0円になるまでのことを言います。

毎月利息だけを返済していくのでは、なかなか元本を減らすところまでいきません。

お金に余裕が有る月は多めに返済をすることで完済へ1日でも早く近づくことになります。

(2)返済はいくらから?

プロミスに借り入れ申請をして、実際に借りることができる確率はおよそ45%と言われています。

この43%という数字は、他の貸金業者と比べると低い数字になっています。

しかし、他貸金業者の資料を見てみても業界トップとされるアコムでさえ48%程度なので、数字的にそこまで大きな差は開いていません。

借り入れトラブルを防止するために施行された総量規制によって個人の年収に応じて借りることができる金額の上限が決まってしまいました。

プロミスから借りる前にアコムやアイフルなど他社からの借り入れがある場合、規制額に達してしまうこともあるので注意が必要です。

次に実際にプロミスから借り入れをしたとなると次は返済が始まります。

プロミスは独自の返済方法を採用していて、「残高スライド元利定額返済方式」と言います。

一般的な貸金業者で採用されている、「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額返済リボルビング方式」とは何が異なるのでしょうか。

プロミスは「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額返済リボルビング方式」が合わさった名前の「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。

まずは、一般的な返済方法から見ていきましょう。

残高スライドリボルビング返済方式とは、 返済金額が借り入れ残高によって変わってくる仕組みになっています。

もともと30万円借りていた人は月2万円返済していくと仮定すると、1年後に借り入れ残高が10万円になったとします。

すると月の返済額が1万円になるといったものです。

借入額の変動に合わせて返済額も変わってくるので、債務者からすれば優しいサービスかなと思う一面はありますが、

冷静になれば返済期間が長くなるということは明白です。

元利定額リボルビング返済方式 いわゆるリボ払というやつですね。

毎月決まった金額を返済することで、完済へ向けた逆算がしやすいというメリットがあります。

しかし、返済額が毎月変わらないので急な出費があった月や収入が少し足らなかった時などはピンチになうこともあります。

残高スライド元利定額返済方式 とは、簡単に言えば、

借入額に対しての一定率を毎月返済していくというものです。

50万円の借入額が30万円になっても残っている借入額に対しての決まったパーセンテージを毎月返済していくことになります。

将来的なビジョンも立てやすいですし、借入額が減っていけばその分、返済額も少量になっていきます。

(3)借入残高を確認する方法

自分の借入残高を確認する方法は3つあります。

1.コールセンターへ電話をする
・一般会員専用/0120-24-0365
・女性会員専用/0120-86-2634
このどちらの電話番号でも連絡することで、自分の借入残高を教えてくれます。

2. メールで問い合わせ
WEBページにあるメールフォームで問い合わせをすれば1営業日以内にはメールがくるようです。
電話では気がひけるという人はメールで問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

3. WEBで確認
会員ページへのログインパスワード等を覚えている人は24時間いつでも残高を確認することができます。
電話する必要もなくメールを見逃すこともないためお勧めです。

(4)最低返済額は?

返済には最低返済金額というのが決められています。

これは借入総額の一定率と決められていて、この金額以下は返済することができないです。

一定率は以下のように決められています。

◆借入残高30万円以下/返済金額は借入残高の3.61%

◆借入残高30万円超100万円以下/返済金額は借入残高の2.53%

◆借入残高100万円超/借入残高の1.99% 実際に数字を入れてみると

◆借入残高が5万円の場合 ・返済金額=5万円x3.61%=1,805円ですが端数切り上げのため2,000円が返済金額です。

◆借入金額が25万円の場合 ・返済金額=25万円x3.61%=9,025円ですが端数切り上げのため10,000円が返済金額です。

◆借入金額が80万円の場合 ・返済金額=80万円X2.53%=20,240円ですが端数切り上げのため21,000円が返済金額です。

◆借入金額が150万円の場合 ・返済金額=150万円X1.99%=29,850円ですが端数切り上げのため30,000円が返済金額です。

このように数字を入れると実際にイメージがしやすいのではないでしょうか。

返済をするときに大切な事 返済をするときは必ずプロミスと返済日を決める事になります。

返済日は毎月何日に引き落としなのか振込なのかを選びますが、振込よりも引き落としの方が確実性があります。

もし、返済日に金額が用意できないようだったらプロミスへ早めに電話をして調整をしてもらいましょう。

数日であれば猶予を設けてくれることがあります。誠実に対応することが大切です。

追加で借入をした時 追加で借入をしたときはどのような返済金額になるのでしょうか。

この時のポイントは毎月同じ返済額ではなく借入残高に応じた返済額が毎月一定率で決まってくるということです。

なので最初5万円を借りて、前述の計算式通りの2000円を返済した後に追加で20万円借りると残高は24万8千円となります。

次の月は24万8千円分の借入額に応じた返済金額以上を返済しなければいけません。

このポイントをしっかりと押さえておくようにしましょう。

返済シュミレーション

プロミスのホームページでは、返済シュミレーションができます。

実際にシュミレーションをしていくら返済をすれば良いのか事前に知っておきましょう。

1年払いなのか、2年払いなのか、3年払いなのかを選ぶことになりますが今回は50万円で計算をしてみます。

1年払い/毎月45,792円(実際は端数切り上げのため46,000円)

2年払い/毎月24,913円(実際は端数切り上げのため25,000円)

3年払い/毎月18,027円(実際は端数切り上げのため19,000円)

1年で返済することは難しいかもしれませんが、毎月約3万円弱であれば返済することが可能ではないでしょうか。

返済をしていくと借入総額は当たり前ですが減っていきます。

このシュミレーションで出した数字よりも多めの金額を振り込むことで早期に返済を実現することもできます。

毎月の返済金額がどのように安く推移してくのか詳しく知りたい人は、「返済計画の詳細」で詳しく見ることができます。

返済額を減らす方法はある?

プロミスではボーナスが入って多く返済をした次の月でも返済額は一定率で発生していきます。

今月20万円返済したから、翌月は1万円ということはないようです。

どんなに多く返済をしていっても毎月の返済金額は変わらないので早期完済を目指すのであれば多めの金額を返済することが大切ですが、

多く返済しすぎて翌月に返済できなくなるということがないようにしてください。

プロミスでは返済金額を一時的に安くしてもらうことができます。

どうしても出費が重なってしまった月は返済をすることが難しいですが、そんな時は返済日の前にオペレーターへ電話をするようにしましょう。

相談をすることはできますが、中には猶予してくれないこともあるようです。

必ず対応してくれるという前提ではなくお願いする低姿勢な対応が必要ですね。

連絡をしないで返済日を過ぎてしまうとブラックリストに入るだけでなく、裁判を起こされることもあるので早めに電話をして相談するようにしましょう。

返済できない時は?

返済日に返済できなかった場合は遅延損害金というのが発生します。

元本・利息とは別で発生するので、最終的な支払い金額が多額になってしまいます。

もし支払いが不可能となった場合、どうしたら良いのでしょうか?

何か解決策があるのでしょうか?

まず、消費者金融では、サービスでお金を貸しているわけではないです。

借りている側が横暴な態度をとれば支払いを催促してくることもあるので誠意を見せましょう。

借金問題は司法書士や弁護士へ相談などの、 最近過払い金のCMなども多くテレビで流れるようになりました。

キャッシング関係のトラブルで踏み倒そうとする人がたまにいますが、まず無理です。

借りたお金は5年間返さなければ時効になると言われていますが、5年経とうとする時に裁判所を通じて民事訴訟を起こす貸金業者が多いようです。

実際に裁判が行われ、貸金業者が勝つとその日から5年間時効が延長されます。

結果として10年間踏み倒すのであれば逃げ続けなければいけません。

それに裁判で負けてしまうと給与の差し押さえや自宅・車の差し押さえも行われることがあります。

そうならないために弁護士や司法書士へ相談することで本人の変わりに債務者と相談をしてくれます。

任意整理といい、弁護士・司法書士へ支払う費用はかさみますが今まで発生した遅延損害金や、

今後発生するであろう遅延損害金をカットしてくれるように交渉をしてくれます。

ただし、中には任意整理をし始めると同時に訴訟を起こしてくる業者もいます。

そんな時でもこちらには弁護士や司法書士が付いているので大丈夫です。

裁判で上手な落とし所を見つけ和解するように努力してくれます。

安いところで1社あたりの任意整理が5万円程度、高いところでも10万円程度です。

差し押さえの恐怖と戦うくらいなら任意整理の道を選んだほうが気持ち的に楽になることも多いです。

プロミスのカードローンがオススメ!

これまでプロミスのカードローンの金利について解説をしましたが、プロミスのカードローンは安心・安全に利用出来る本当にオススメなカードローンなんです。

下のサイトでは、

●プロミスでカードローンの申込みが出来るかどうか

●申込み可能なら、いくらまでの融資を受けれるのか

●ウェブ申込み

が可能となっていますので、プロミスのカードローンをご検討している方は、是非下のプロミスの画像をクリックし、プロミスのHPにアクセスしてご活用下さい。

お仕事が忙しくて、日中の店頭での申込みが難しい方や、すぐにローンの申し込みをしたい方にオススメのWEB申し込みとなっています。

最後に

プロミスは他社と比べると独自の返済方式を採用していることがわかりましたね。

この返済方式では月の予定返済額よりも多く返済しても翌月また同じ返済額を用意しなければいけません。

早期に完済したい思いはわかりますが、返済は多く払うのではなく安定して返済をすることが大切だということがわかったのではないでしょうか。

また、返済日はプロミスと決めるものでその返済日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生することがあります。

支払うことが難しくなってしまった時は早めにプロミスへ相談をしどうしても無理な時は弁護士や司法書士へと相談する方法もあります。

計画的な利用をすることで上手にプロミスと付き合っていきましょう。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

【無人契約機でも】プロミスならたった4ステップで契約完了【簡単に】

大手消費者金融プロミスでは、たった4ステップで契約を完了させ、カードローンを利用することが出来ます

【2020年】プロミスの限度額と申込み方法【最新版】

改正貸金業法が本格施行されてから早7年。 現在の消費者金融はどのように進化したのでしょうか。

【急な出費】プロミス自動契約機なら超便利、事前に知っておくべき4つの注意点【迅速に解決】

はじめてのキャッシング、家族や会社に知られたくないし、店舗で誰かに会って借りるのも恥ずかしい。。

【プロミスカードローン】コロナの影響について【お役立ち情報】

昨今のコロナの影響でお仕事が休みになり収入が減ってしまい、プロミスのカードローンの支払いや日々の生