キャッシング即日!カードローン案内所 カードローン 【カードローン】在籍確認の不安解消、会社にバレない方法【2つの具体例】

【カードローン】在籍確認の不安解消、会社にバレない方法【2つの具体例】

ローンの申請をすると、年収や勤続年数など借入に関係する様々な審査がされます。

その中のひとつに「在籍確認」というものがあります。

これは文字通り、申込書に書かれた勤務先に本当に在籍しているかどうかの確認です。

つまり、在籍している会社に金融機関から電話がかかってくるのです。

会社に借金をすることがバレてしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

実際に在籍確認とはどのように行われるのか、ご紹介します。

在籍確認について

はじめてローンの申請をするという方は、どのような審査がされるのか不安になるでしょう。

中でも気になるのは「在籍確認」ではないでしょうか?

申請した勤務先に虚偽が無いか確認するため、直接勤務先に電話がかかって来ると聞くと会社の人に借金がバレてしまうのではないかと、不安になるという方もいらっしゃるでしょう。

ローンの申請となると、会社の人にはあまり知られたくないという方が多いでしょう。

もし、電話がかかってくる日が予めわかっているのなら、その日にかかって来る電話は全部自分で受けたいとさえ思ってしまいますよね。

金融機関からかかってくる「在籍確認」について、詳しくご紹介します。

在籍確認の有無とタイミング

在籍確認の有無

ローン申請をおこなった場合、銀行、消費者金融などの金融機関のほぼ全てが在籍確認を行います。

ローンの申請の際には必ず勤務先の記入を行います。

あなたが申告した勤務先に本当に勤めているのか確認するために欠かせない作業です。

中にはすでに退職した会社名を申告したり、全く関係の無い会社を申告する人がいます。

ローンの申請は信用問題なので、必ず勤務先に電話をして在籍の有無を確認をするのです。

在籍確認の具体例

在籍確認の内容

在籍確認のためにローンを申請している会社の担当者から勤務先に電話がかかってくると、どうやって在籍の確認をするのでしょうか。

借金をすることがバレることはないのでしょうか。

担当者の方は、在籍確認で電話であるということを悟られないような対応をしてくれます。

消費者金融の場合、会社名を名乗ることもありません。

(在籍確認例1)本人がいる場合

担当者:「鈴木と申しますが、佐藤さんはいらっしゃいますか?」
電話に出た方「はい。少々お待ち下さい。」
本人:「お電話変わりました。佐藤です。」
担当者:「鈴木です。佐藤太郎さんですか?」
本人:「はい。そうです。」

これで在籍確認が完了です。

(在籍確認例2)本人が不在の場合

担当者:「鈴木と申しますが、佐藤さんはいらっしゃいますか?」
電話に出た方:「いいえ。おりません」
担当者:「外出ですか?」
電話に出た方:「はいそうです。」
担当者:「わかりました。かけなおします」

これで在籍確認完了です。

本人が電話に出られれば在籍の有無はすぐに確認できますし、不在の場合でも外出していても、離席していても、休暇を取っていても、その会社に在籍していることが確認できれば良いのです。

銀行の場合、電話をかけて会社名を尋ねられた場合名乗るというところもあります。

しかし、銀行から電話がかかってきても「借金をしている」と思う人は少ないでしょう。

そのため、銀行名を出して在籍確認の電話をかけられてもバレることはありません。

銀行系カードローンと消費者金融の特徴

どうしてもカードローンを利用してお金を借りたいけれど、勤務先に電話がかかってくると困るという方もいるのではないでしょうか。

自営業なので、職場に電話が来てしまうと絶対に家族が電話に出るけれど、家族には借金を知られたくないバレたくないという方には、在籍確認の事を考えると銀行系のカードローンがオススメです。

もちろん、在籍確認は行われますが在籍確認の際に銀行名を名乗られても借金の審査だとバレる可能性は低いでしょう。

銀行系のカードローンの特徴

銀行系のカードローンでも、在籍確認は必ず行われます。

その他、住所・氏名・年齢・勤務先・年収・その他の借り入れなど審査項目があります。

銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて多少審査が厳しいと言われています。

主に重視されるのは「年齢」「年収」「雇用形態」の3つです。

ローンの申込には年齢制限がある場合が多く、20歳~65歳くらいが一般的です。

働き盛りと言われている30代~40代が審査に通りやすいと言われています。

また、年収は200万円を下回るとほとんどの場合借り入れは不可能に近いでしょう。

雇用形態に関しては、安定収入のあるサラリーマンが審査に通りやすいと言われています。

収入が高い人は、返済能力が高いと見られるため審査に通りやすくなっています。

ローンの中には、派遣社員やパート・アルバイトの方でも申込が出来るものもありますが、借り入れ可能金額が少額となっています。

銀行系のカードローンは、審査は多少厳しくても消費者金融と比較して金利が低めというメリットもあります。

カードローンを選ぶ際には、金利は大きなポイントのひとつとなります。

出来るだけ低金利の方が総返済額も少なくなる為、金利は重要です。

消費者金融のカードローンの特徴

消費者金融のカードローンの審査の際にも、在籍確認は必ず行われます。

しかし、中には社員証や最近の給与明細を提示すれば在籍確認が無い場合もあります。

消費者金融は、最短30分で借り入れが可能なとてもスピーディーなところもあります。

急いでお金が必要だという方には強い味方になってくれるでしょう。しかし、銀行系カードローンと比べて金利が高いという特徴があります。

在籍確認に関しては、銀行系カードローンも消費者金融でも在籍確認の電話であるという事がバレないよう細心の注意を払って電話をかけるという点は共通しています。

ローン会社を選ぶ際には、在籍確認よりも利用しやすいものを選ぶことをお勧めします。

在籍確認の注意点~派遣社員の場合

ローンの申込をする際、申込の書類に必ず勤務先を記入します。

(ネット申請の場合には入力をします)

すると、金融会社の担当者の方は、記入した勤務先に在籍確認がなされます。

では、派遣社員の場合に記入する勤務先は、実際に仕事をしている派遣先なのか登録している派遣元なのかどちらを申請すれば良いのかと悩む方もいらっしゃるでしょう。

ローンの申請をする際の勤務先は「派遣元」です。

働いている場所は派遣先ですが、在籍しているのは派遣元なので勤務先は「派遣元」です。

実際に働いている場所と異なり少しおかしな気もしますが、在籍している場所と考えると納得出来るでしょう。

派遣社員の方に注意して頂きたい点

派遣社員の方が実際に働いている場所は、勤務先です。

派遣会社の方も多くの派遣社員の方を抱えていた場合、全ての在籍者を把握していない場合があります。

毎日出勤して顔を合わせている派遣先と違って、派遣元に出向くことは少ないので仕方が無いことです。

在籍確認の電話が来たときに、「○○という者はおりません。」と言われてしまっては、ローンの審査に通ることは出来ません。

出来れば、派遣元に在籍確認の連絡がある旨を伝えておくと良いでしょう。

もし、派遣元にローンの申請の為の在籍確認だと知られたくない場合には、クレジットカードの申請の為だと伝えておくのもよいでしょう。

更に、ローン申請をする担当者の方にも派遣元にも事前に伝えておくことをお勧めします。

ローンの申請の際に、在籍確認が取れないと審査に通ることはかなり難しくなります。

ローン会社によっては、書類の提出でクリアする場合もありますが、2~3回電話をかけて在籍確認をしっかりとする場合もあります。

在籍確認で最も悪いものは、虚偽の申請です。

退職したにも関わらず、以前勤務していた会社を記載したり全く関係のない会社を記入すると審査に通りません。

在籍していても、長期休暇中の場合には審査に通らなかったという例があるのでご注意下さい。

在籍確認と気づかれない方法

前章で、具体的な例を出してどのように在籍確認を行うのかご紹介しました。

例のように、とてもシンプルな電話です。

しかし、職業や職種によっては、あなたに電話がかかってくることが全く無いという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に急に電話がかかってくると、借金のための物ではないかと疑われなくても、不思議に思われるかもしれないと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

怪しまれないように電話をかけてもらうことは出来るのでしょうか?

全ての金融会社が可能なわけではありませんが、予め電話のかけ方について相談することが出来る場合もあります。

自分の職種に関係のある内容の電話にしてもらえるかどうか、担当の方に相談すると良いでしょう。

ローン会社の担当の方に、ウソをついてもらうことは法律に違反するため出来ません。

でも、ウソのない程度に工夫してもらうことは出来るのです。

もし自分宛に電話がかかってくることが全く無く、完全に怪しまれてしまうという方は、予め「クレジットカードを作るので、金融機関から電話がかかってくる」と先に言ってしまうという手もあります。

カードローンの申込というと少し言い難いですが、クレジットカードなら誰もが持っている物なので隠す必要はありません。

クレジットカードの申込の為の電話なら、借金の為の在籍確認ではないかと怪しむ人もいないでしょう。

最後に

ローン審査には必ず行われる在籍確認についてご紹介しました。

最も大切なことは、虚偽の申請は絶対にしないということです。

在籍確認によって、職場や家族に借金がバレてしまうのではないかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

ローン会社の担当者の方は、職場にバレないように細心の注意を払って職場に電話をかけてくれるので、あまり心配する必要はありません。

在籍確認の電話が来た際に、離席していても問題ありません。

担当者の方は、本人と直接会話をしなくても確かに在籍していることが確認出来れば良いのです。

どうしても心配だという方は、何か聞かれでも借金のためだと言う必要はないので、「クレジットカードの申請」とごまかせば良いと気楽にお考え下さい。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

【利用前に】カードローンの返済が遅れた時の対処法【ご一読】

カードローンを利用する際に気をつけないといけないのが、月々の返済をしっかり行うという事です。

自分はなぜローンの審査に通らない!?すぐにわかる5つ

車を購入しようと金融機関にマイカーローンの申請をしたはいいものの、ローン審査に落ちてしまい憧れの車

【メリット】簡単解説!残価設定カーローンと通常カーローンの違いとは?【デメリット】

車の購入を検討する際にまず考えるのが、ローンでの購入。 車は高額商品なので、一括での支払いが

当座貸越とは?カードローンとの違いを学ぼう!

お金を借りる手段としてカードローンが有名ですが、当座貸越という方法もあることをご存知でしたか?